今回は中山記念の血統検証を行っていこう。

中山芝1800mという特徴的な舞台で行われるため、血統にも明確な“偏り”が見られる。

その傾向を解き明かしていこう。

中山記念│過去5回好走馬血統

馬名種牡馬母父馬
ジャスタウェイ2ハーツクライWild Again
アルキメデス4アドマイヤムーンSeeking the Gold
ロゴタイプ3ローエングリンサンデーサイレンス
ナカヤマナイト2ステイゴールドカコイーシーズ
ダイワファルコン3ジャングルポケットサンデーサイレンス
シルポート8ホワイトマズルサンデーサイレンス
フェデラリスト3Empire Makerサンデーサイレンス
シルポート7ホワイトマズルサンデーサイレンス
リアルインパクト4ディープインパクトMeadowlake
ヴィクトワールピサ1ネオユニヴァースMachiavellian
キャプテントゥーレ4アグネスタキオントニービン
リーチザクラウン3スペシャルウィークSeattle Slew
トーセンクラウン13オペラハウスダンシングブレーヴ
テイエムアンコール12オペラハウスブライアンズタイム
ショウワモダン5エアジハードトニービン

集計期間:2010. 2.28 ~ 2014. 3. 2

凱旋門賞の血

もう上の表を見ただけで分かる方は分かるだろう。

普通の芝重賞で見る血統表に比べ、茶色の比率が高く、黄色の比率が低い。茶色はノーザンダンサー系、一方の黄色はサンデーサイレンス系を意味している。

ノーザンダンサー系の比率が高いということは、それだけスタミナが問われるということ。サンデー系の比率が低いということは、瞬発力が問われないということだ。

特に凱旋門賞を筆頭とする欧州中長距離GIに関わりが深い血は要注意だろう。

例えば歴代好走馬の血統を見てみると……

ジャスタウェイ
父ハーツクライ
→キングジョージ3着。当時、欧州最強クラスの馬だったハリケーンランとエレクトロキューショニストに僅差の価値ある3着だった。

ロゴタイプ
父ローエングリン
→欧州の大種牡馬サドラーズウェルズの系統

ナカヤマナイト
父ステイゴールド
→凱旋門賞2着馬を2頭輩出

ダイワファルコン
父ジャングルポケット
→その父トニービンは凱旋門賞馬。種牡馬としては天皇賞春を制したジャガーメイルらを輩出

シルポート
父ホワイトマズル
→キングジョージ、凱旋門賞で2着

リアルインパクト
母父メドウラーク
→圧倒的な底力を誇り、19世紀に英国競馬界を席巻したセントサイモンの系統

他にもサドラーズウェルズ系のオペラハウス産駒や、3冠馬を輩出したブライアンズタイムなど、とにかくスタミナの血が目立つ。

要するに中山記念では血統的なスタミナの裏付けがないと、好走するのは難しいのだ。今年の人気馬を見てみると……

イスラボニータ
父フジキセキ
母父コジーン

どちらも短距離血統で好走血統に合致せず。

ヌーヴォレコルト
父ハーツクライ
母父スピニングワールド

ハーツクライ産駒で好走血統に合致。スピニングワールドは欧州の名マイラーで、中長距離GI馬ではないが、父系とのバランスを考えると良い配合だ。

ロゴタイプ
父ローエングリン
母父サンデーサイレンス

昨年3着。言わずもがな。

ステファノス
父ディープインパクト
母父クロフネ

どちらも好走血統に合致せず。ディープインパクトは天皇賞春を制しているが、本質的には中距離種牡馬だ。

ご覧のように、人気馬の中ではヌーヴォレコルト、ロゴタイプに分がありそうだ。

なお、穴馬でいうと、好走血統に合致しているのはこの馬だ。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!