今週のメルマガの徹底検証レースは阪急杯にした。

グレードの高さやメンバーの豪華さでいけば中山記念を選ぶべきなのだが、阪急杯のほうが馬券的な妙味がありそうだと判断した。今回はその理由について書いていこう。

不安要素の多い人気馬

登録馬が33頭ということでどの馬が出てくるか、まだわからない。ただ有力馬はほとんど出走を決めているため、上位人気馬に関する見解を書いていこう。

コパノリチャード
ミッキーアイル
ダノンシャーク
ダイワマッジョーレ

人気に支持される見込みなのはこの4頭だ。

まずコパノリチャードに関しては大きな不安要素はない

昨年の阪急杯で勝っているし、同じ舞台で行われる阪神カップでは2着になっている。ダイワメジャー×トニービンという血統を考えても、合わないはずがない。

目標はあくまでも、この前にある高松宮記念であるため、仕上げの面では余裕はあるだろうが、有力馬の1頭であることは間違いないだろう。

問題はこの次のグループだ。

ミッキーアイルは昨年暮れの阪神カップで1番人気に支持されたが、期待を裏切り馬券圏外に沈んだ。スワンステークスを勝っているものの、1400mへの適正はどうか、といったところ。

また、現4歳世代はレベル的にやや疑問で、人気ほど信頼していいものなのか、疑問を禁じ得ない。検証を始めると、買える要素を持っていることも分かってきたが、全幅の信頼という意味ではどうだろうか? 初の58キロという点も気になる。

さらにダノンシャークは不安要素を多々抱えている

この馬もディープインパクト産駒らしく、1400mへの適正は高くない。昨年の阪急杯では1番人気を裏切っている。

昨年はマイルチャンピオンシップを制したが、ご存知の通り、岩田騎手の超絶好騎乗によるところが大きかった。当然、京都芝外回り1600mというのは、最高の条件だった。

今回、一つ歳を重ねて迎える条件が合わないレースで、人気通り走れるのか? かなり疑問といったところだ。

ダイワマッジョーレは阪神カップで本命に指名し、お世話になった。適正は高い。ただし、最高の条件の中で3着に好走した次のレースというのは買いづらい。一つ歳を重ねて6歳になった点もネックだ。

以上のように、人気馬はそれなりに不安要素を持っている。

となると、波乱の可能性を考慮して馬券を組み立てていくべき、といえるだろう。

ということで、徹底検証を行っていく。興味のある方は、ぜひメルマガへ。他では見られない多角的な視点からの考察で、レースを“丸裸”にしていくことを、お約束しよう。

なお、この中で一番信頼して買える馬は、当然以下の馬になる。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!