さて、いよいよ2014年の総決算、“グランプリ”有馬記念が迫っている。

一時期は“空き巣レース”になるのではないかと心配されたものの、蓋を開けてみれば例年以上にメンバーが揃った楽しみなレースになりそう。

出走予定・登録馬が発表されたため、見ていくことにしよう。

有馬記念とは?

有馬記念は中山芝2500mで行われる3歳以上のGIだ。秋の王道路線である“古馬3冠”の最後のレースとして知られている。

有馬記念で鍵になるのは「余力と器用さ」だろうか。

秋競馬を締めくくるレースであるため、各馬の状態がキーポイントとなる。

また、本格派のコースで行われる天皇賞秋(東京芝2000m)やジャパンカップ(同2400m)に比べると、舞台設定がかなり異なる。直線が長い本格派のコースから、直線が短い小回りのトリッキーなコースとなるため、波乱が起こりやすいのだ。

例えば“本格派”の代表格であるブエナビスタは天皇賞秋やジャパンカップを制したものの、有馬記念は最後まで勝てなかった。ディープインパクトが唯一敗れたレースでもあり、常に波乱の可能性を頭に入れておこう。

泣いても笑っても、2014年最後のGIだ。当てて2015年を気持ちよく迎えたい

有馬記念の出走メンバーと見どころ

2014年12月28日(日) 4回中山8日目 21頭 [仮想出馬表]
【10R】  第59回有馬記念
3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝2500m (A)

馬名性齢母父
ウインバリアシオン牡6ハーツクライStorm Bird
エピファネイア牡4シンボリクリスエススペシャルウィーク
オーシャンブルー牡6ステイゴールドDashing Blade
ゴールドシップ牡5ステイゴールドメジロマックイーン
サトノノブレス牡4ディープインパクトトニービン
ショウナンラグーン牡3シンボリクリスエスマンハッタンカフェ
ジェンティルドンナ牝5 ディープインパクトBertolini
ジャスタウェイ牡5ハーツクライWild Again
タマモベストプレイ牡4フジキセキノーザンテースト
デニムアンドルビー牝4 ディープインパクトキングカメハメハ
トーセンラー牡6ディープインパクトLycius
トゥザワールド牡3キングカメハメハサンデーサイレンス
ナカヤマナイト牡6ステイゴールドカコイーシーズ
フェイムゲーム牡4ハーツクライアレミロード
フェノーメノ牡5ステイゴールドDanehill
メイショウマンボ牝4 スズカマンボグラスワンダー
ラキシス牝4 ディープインパクトStorm Cat
ラストインパクト牡4ディープインパクトティンバーカントリー
ラブイズブーシェ牡5マンハッタンカフェメジロマックイーン
ワンアンドオンリー牡3ハーツクライタイキシャトル
ヴィルシーナ牝5 ディープインパクトMachiavellian

勢力図を予想

まず注目は秋のGIで活躍した馬たちだ。中でもジャパンカップで衝撃的な走りを見せたエピファネイアや、同2着で世界レーティング1位のジャスタウェイは人気を集めることだろう。

そしてなんといってもファン投票1位のゴールドシップが出走。宝塚記念で連覇を成し遂げ、3歳時に有馬記念を制している芦毛の怪物は、“グランプリ4勝目”を狙う。

他にも当レースで引退を表明しているジェンティルドンナやトーセンラー、ダービー馬の意地を見せたワンアンドオンリー、復活を期すフェノーメノなど、GI馬10頭が登録している。

あまりにも豪華すぎて、フェイムゲームは除外対象となってしまっている(苦笑)。それくらい素晴らしいメンバーが揃ったということだ。素晴らしいレースを見て、2015年を迎えたい。何より、馬券を当てて年を越したい。

なお、現時点での本命候補は以下になります。

その馬の名(有馬)は↓↓(ランキング内で『有馬→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)