今週は東京スポーツ杯2歳ステークスについて徹底的に検証してきた。

検証を振り返り、予想の参考にしよう!

東京スポーツ杯2歳ステークス2014│出走予定・登録馬血統
的中への3つのポイント
エリートを見つける3つの方法とは?
好走率64%の血
ディープ産駒の脅威in東京

また、現在のオッズはこちら。

馬名S性齢斤量単勝
アヴニールマルシェ牡25513.0
クラージュシチー牡25524.0
グリュイエール牡25537.3
ジャストドゥイング牡255 4 8.4
サトノクラウン牡255 5 9.3

この中で最も嫌いたいと感じるのはこの馬だ。

その馬の名(東スポ3)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

無難に嫌うとしたらこの馬になるだろう。理由はもちろん、血統だ。

東スポ杯2歳Sはクラシックにつながる重賞であり、血統的にはクラシック血統が強調できる。この馬はクラシック血統に該当しない。

さらに新馬戦で快勝した1戦1勝馬は人気になりやすいわりに期待値が低い

この馬はこの2つのマイナスファクターに合致してしまっている。

2009年以降、10〜12月に中央4場で行われた2歳重賞で、父非サンデー系の1戦1勝馬が5番人気以内に支持された際の成績は……

キャリア:1戦

着別度数勝率複勝率単回値複回値
1- 0- 1-29/313.2%6.5%1110

集計期間:2009.10.17 ~ 2014.11.15

ご覧のとおり、勝ったのはわずか1頭のみ。しかもその1頭はローズキングダム。父のキングカメハメハはダービー馬であり、クラシック血統だった。

とにかく父非サンデー系の1戦1勝馬の重賞における期待値はかなり低いのだ。ここでも嫌ってしかるべきだろう。