今回は東京スポーツ杯2歳ステークスについて見ていこう。

東京スポーツ杯2歳ステークスとは?

東京スポーツ杯2歳Sは東京芝1800mで行われる2歳のGIIIだ。

これ以前の時期に行われる2歳重賞は早熟性がカギになるため、クラシックに直結しない。しかし、東スポ杯は東京芝1800mという実力が問われる舞台で行われる。だから数多くある2歳重賞の中でも屈指の“出世レース”として知られている。

今年はどの馬が勝ち名乗りを上げるのか? 出走馬をチェックしていこう。

東京スポーツ杯2歳Sの出走メンバーと見どころ

2014年11月24日(月) 5回東京7日目 15頭 [仮想出馬表]
【11R】  第19回東京スポーツ杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢)(国際)(指定) 芝1800m (C)

馬名性齢母父
アヴニールマルシェ牡2ディープインパクトフレンチデピュティ
エミネスク牡2ネオユニヴァースティンバーカントリー
クラージュシチー牡2ハービンジャーサンデーサイレンス
グァンチャーレ牡2スクリーンヒーローディアブロ
グリュイエール牡2ディープインパクトキングカメハメハ
サトノクラウン牡2MarjuRossini
ジャストドゥイング牡2ゼンノロブロイフレンチデピュティ
ストリートキャップ牡2ゴールドアリュールオグリキャップ
スワーヴジョージ牡2ハービンジャーサンデーサイレンス
ソールインパクト牡2ディープインパクトExchange Rate
ダイワエキスパート牡2スウェプトOBアグネスタキオン
ディアコンチェルト牡2サムライハートソウルオブザマター
ペガサスボス牡2ディープインパクトダイナガリバー
マイティティー牝2 エンパイアメーカーフレンチデピュティ
マイネルシュバリエ牡2バトルプランスペシャルウィーク

人気の中心は?

新潟2歳ステークスで2着となったアヴニールマルシェ、未勝利戦で1.6秒差をつける圧巻の走りを見せたクラージュドール、芙蓉ステークスを勝ったジャストドゥイングなどが人気の中心になりそう。

あとなんといっても話題になるのがオグリキャップの孫ストリートキャップだろうか。父ゴールドアリュール、母父オグリキャップという地味な血統ではあるが、新馬戦のパフォーマンスは高かった。前走は究極の瞬発力勝負に負けただけ。実力的にはここで通用してもおかしくないはずだが、果たして……。

出世レースを制するのは?

上記したとおり、東スポ杯2歳Sは出世レースだ。歴代勝ち馬を見てみると……

2013年
イスラボニータ
→皐月賞制覇、ダービー2着、天皇賞秋3着

2012年
コディーノ
→皐月賞3着

2011年
ディープブリランテ
→ダービー制覇、皐月賞3着

2010年
サダムパテック
→マイルチャンピオンシップ制覇、皐月賞2着

2009年
ローズキングダム
→ジャパンカップ、朝日杯フューチュリティステークス制覇、ダービー2着、菊花賞2着

ご覧のとおり、そうそうたる顔ぶれだ。コディーノを除く4頭はGI馬となっている。そして5頭全頭が、3歳クラシックで馬券になっているのだ。

能力が高くなければ東スポ杯では好走できない。反対に言えば、東スポ杯で好走できる馬は「クラシックで好走できるレベルの馬」ということになる。

来年のクラシックを占う意味でも注目していきたいレースだ。

なお、現時点で本命候補と考えているのはこの馬!

その馬の名(東スポ)は↓↓(ランキング内で『東スポ→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走、前前走と時計は強調できないものの、血統が魅力的。注目していきたい馬だ。