今週は秋のマイル王決定戦マイルチャンピオンシップを徹底的に検証していく。まずは概要を見ていくことにしよう。

マイルチャンピオンシップは京都芝外回り1600mで行われるマイルGIだ。

一つのポイントとなるのが、春に行われるマイルGI安田記念とは舞台設定がかなり異なるという点だ。直線に坂がある東京と、3コーナーから坂を下る京都では求められる適性が全く異なる。(後々詳しく検証していくため、楽しみにしていてほしい)

ここ2年は安田記念好走馬がマイルCSでも馬券になっているが、ダノンシャークとグランプリボスはいずれも1番人気を裏切っている。一方で安田記念敗退組の激走が見られるのも特徴だ。

その点をしっかりと理解して予想を展開していこう。

マイルCS│過去5回好走馬血統
着順馬名種牡馬母父馬人気
トーセンラーディープインパクトLycius2
ダイワマッジョーレダイワメジャーLaw Society3
ダノンシャークディープインパクトCaerleon1
サダムパテックフジキセキエリシオ4
グランプリボスサクラバクシンオーサンデーサイレンス1
ドナウブルーディープインパクトBertolini5
$エイシンアポロンGiant’s CausewaySadler’s Wells5
フィフスペトルキングカメハメハBahri11
$サプレザSahmPleasant Tap4
$エーシンフォワードForest WildcatCure the Blues13
ダノンヨーヨーダンスインザダークフォーティナイナー1
ゴールスキーネオユニヴァースNureyev6
カンパニーミラクルアドマイヤノーザンテースト1
マイネルファルケムタファーウエクパークリージエント14
$サプレザSahmPleasant Tap2

集計期間:2004.11.21 ~ 2013.11.17

好走血統分析所見

今回、ポイントとして挙げておきたいのは5つ。

1.サンデー系が不振な安田記念と違い、サンデー系が優勢傾向

2.ディープインパクト産駒が京都芝1600〜2400mの重賞で覚醒中。エリザベス女王杯前までで10レース中8レースで勝利

3.過去10年、ノーザンテーストの血を持つ馬が7連対

4.母父ミスプロ系は(1−1−0−20)と不振傾向

5.母系には軽い血統より少し重ための血統が良さそう

パッと見、面白いと思うのはこの馬(A)↓↓(ランキング内で『A→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)