今回はマイルチャンピオンシップに出走する“ディープインパクト産駒以外の馬たち”について考えていこう。もうディープインパクト考察ばかりで飽き飽きしていたというのもあるし(笑)、ディープインパクトで決まらないのでは?という思いもあるからだ。

完全に“脇役”となっている彼らの可能性を探ってみたい。

トレンド血統を振り返る

まずはマイルCSの近年のトレンドを振り返ってみたい。

なんといってもストームキャット系の激走が目立った。エイシンアポロンが5番人気で勝ったのはまだいいとして、13番人気のエーシンフォワードが激走するくらいだ。条件があっていないと、こういうことは起こらない。

近年の京都の芝重賞の傾向を見ると、エーシンフォワードの激走が“必然”だったことが分かる。

例えば同じストームキャット系のアンコイルドは京都大賞典で7番人気2着、京都記念で4番人気3着と、いずれも人気を上回って激走している。他にもエイシンエルヴィンがきさらぎ賞で6番人気3着。父ストームキャット系は出走することが自体が少ないものの、その割に穴を開けている。そうなると、今年俄然注目なのは……

ホウライアキコ
父ヨハネスブルグ(ストームキャット系)

となる。ただ長期休み明けの3歳牝馬にはさすがに荷が重い。他に面白い馬がいないかも探っていこう。

短距離志向の強いサンデー系

ストームキャット系はなかなか出てこないため、同じような特徴を持った馬を狙いたい。ストームキャットは芝ダートともに活躍馬が出ている系統だ。さらにスピードがあり、高速馬場で穴を連発する傾向にある。

これをサンデー系に当てはめて考えると……

フジキセキ
ダイワメジャー

この2頭が浮上してくる。ともにパワーがある馬で、短距離戦に強い。実際、過去2年はこの2頭の産駒が連対している。

エクセラントカーヴ
サダムパテック
サンライズメジャー
ダイワマッジョーレ

以上の4頭が該当。この内サダムパテックとダイワマッジョーレは好走歴があるため、適正は証明済み。となると、面白いのはこの馬だ。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

追記:サンライズメジャーでしたが出走取消orz

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

父ダイワメジャーに加え、母系はストームキャットと同系統。いかにも狙いたくなる血統構成だ。他の好走条件にあまり合致していないため、どこまで重い印を打てるかは分からないが、ヒモには加えたい1頭だと思っている。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!