マイルチャンピオンシップの枠順が発表された。各馬がどの枠を引いたのか、見ていくことにしよう。

 ( )内は性齢、騎手・調教師
1-1 ホウライアキコ(牝3、和田竜二・南井克巳)
1-2 エクセラントカーヴ(牝5、R.ムーア・堀宣行)
2-3 グランデッツァ(牡5、秋山真一郎・平田修)
2-4 サダムパテック(牡6、田中勝春・西園正都)
3-5 レッドアリオン(牡4、小牧太・橋口弘次郎)
3-6 ダイワマッジョーレ(牡5、蛯名正義・矢作芳人)
4-7 エキストラエンド(牡5、W.ビュイック・角居勝彦)
4-8 フィエロ(牡5、福永祐一・藤原英昭)
5-9 ワールドエース(牡5、P.ブドー・池江泰寿)
5-10 ロゴタイプ(牡4、C.ルメール・田中剛)
6-11 クラレント(牡5、田辺裕信・橋口弘次郎)
6-12 ダノンシャーク(牡6、岩田康誠・大久保龍志)
7-13 トーセンラー(牡6、武豊・藤原英昭)
7-14 グランプリボス(牡6、三浦皇成・矢作芳人)
8-15 ミッキーアイル(牡3、浜中俊・音無秀孝)
8-16 タガノグランパ(牡3、菱田裕二・松田博資)
8-17 サンレイレーザー(牡5、川田将雅・高橋義忠)

まずサンライズメジャーは感冒のため、残念ながら出走を取り消している。穴馬候補の1頭と思っていただけに、とても残念だ。

連覇を狙うトーセンラーは7枠13番、3歳マイル王ミッキーアイルは8枠15番、初のGI制覇を狙うディープインパクト産駒のフィエロは4枠8番、ワールドエースは5枠9番となった。有力馬は軒並み中〜外枠に振り分けられたことになる。

となると、波乱の可能性が増したと言えるのではないだろうか?

歴代のマイルCSを振り返ると、枠順による顕著な傾向はあまり見られない。しかし、今秋のGIを見ると、連対馬はすべて1〜3枠以内の内枠に入っている。

2014年秋GI連対馬枠順
レース名着順馬名馬番
エリザベG1ラキシス1
エリザベG1ヌーヴォレコルト5
菊花賞G1トーホウジャッカル2
菊花賞G1サウンズオブアース4
秋華賞G1ショウナンパンドラ6
秋華賞G1ヌーヴォレコルト4

集計期間:2014.10.19 ~ 2014.11.16

となると、内枠に入った馬の中から穴を開ける馬が出てもおかしくなさそう。中でも私はこの馬に注目している

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

もともと能力は高いし、京都適性の高さは証明済み。近走振るわないが、内枠から好スタートを切ってスムーズな競馬ができれば一発あってもおかしくない。