昨日の重賞、ファンタジーステークスでは本命のウインソワレが3着になったことに加え、穴馬に指名したエフェクトが4着、ムーンエクスプレスが5着と健闘したが不的中。さすがにクールホタルビは買えなかった。この馬がいなければ▲→◎→○→☆という大本線で決めていたのだが……。

京王杯2歳ステークスも勝ち馬は買えず。今日はリベンジを果たしたいところだ。

さて、まずは激走の期待が高い馬、通称“ゲキ馬”から紹介していこう。

本日は京都11Rのみやこステークスから。

その馬の名(S)は↓↓(ランキング内で『S→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

京都ダート1800mといえば米国ダート血統が走るコース。そして脚質的には断然前に行ける馬が有利だ。

そうなるとインカンテーションやサトノプリンシパルを選ぶのが無難と思えるが、今回は先行馬が多数出走している。そうなると、極端に逃げたい馬は選びたくない。先行しつつ、上がりをまとめられるこの馬がベストの選択肢だろう。

東京11R アルゼンチン共和国杯

アルゼンチン共和国杯の検証、未読の方はこちらから御覧ください。

↓↓↓

アルゼンチン共和国杯2014血統予想│検証まとめ

上記の検証を頭に入れた上で、クリールカイザーを穴馬として推奨したい。

◎スタミナ血統
◎4、5歳馬優勢
◎脚質→先行、中団

アルゼンチン共和国杯はスタミナが問われるレースだ。“2度の坂超え”をしなければならない東京芝2500mは、生半可なスタミナでは通用しない。しかも本日は馬場が渋る可能性がある。より、スタミナに注視していきたい。

クリールカイザーはキングヘイロー×サッカーボーイという血統。

キングヘイローは凱旋門賞馬ダンシングブレーヴの直仔で、サッカーボーイは菊花賞や天皇賞馬を輩出したスタミナ溢れる種牡馬だ。

しかも昨日、この2つの血が躍動した。

リファールの血を持つディープインパクト産駒が堅実に走り、準メインのノーベンバーステークスではディクタス(※サッカーボーイの父)の血を持つ人気薄2頭で決着している。

年齢、脚質を考えてもかなり魅力のある馬であり、穴馬の1頭として推奨したい。

ただ、血統的により魅力的な馬がいるため、本命は別の馬に打ってある。その本命馬も含めた予想の完全版はメルマガと競馬予想グランプリで配信予定。よろしければ、そちらをご参照あれ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!