今週はアルゼンチン共和国杯について検証してきた。

検証を振り返り、予想の参考にしよう!

アルゼンチン共和国杯2014│血統データと所見予想
アルゼンチン共和国杯2014│出走予定・登録馬血統
アルゼンチン共和国杯2014血統予想│特殊コースと必須要素
アルゼンチン共和国杯2014血統予想│ホッコーブレーヴの不安要素
アルゼンチン共和国杯2014血統予想│フェイムゲームの期待と不安
アルゼンチン共和国杯2014血統予想│ラブリーデイの信頼度

現時点での想定人気を見てみよう。

人気 馬名 オッズ
1 ホッコーブレーヴ 3.9
2 フェイムゲーム 5.8
3 スーパームーン 7.1
4 クリールカイザー 7.7
5 ラブリーデイ 8.2

この中で最も嫌いたいと感じているのはこの馬だ。

その馬の名(R)は↓↓(ランキング内で『R→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

嫌うとなると、やはりこの馬になるだろう。

上位人気各馬は血統的にスタミナの裏付けがある馬がほとんどだ。しかし、この馬は血統的に明らかにスタミナに不安がある

しかも明日は降雨が予想されていて、通常よりスタミナが問われる展開になる可能性がある。

おそらく馬場が渋ること自体は苦にしないだろうが、もともとスタミナに不安があるため、主にになってくる可能性は否定できない。

さらに、なんといっても枠順が悪い

アルゼンチン共和国杯は明確に枠順で明暗が分かれるレースなのだ。

枠番別集計

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠2- 0- 1-14/1711.8%17.6%6054
2枠2- 1- 2-13/1811.1%27.8%7487
3枠2- 1- 1-16/2010.0%20.0%14476
4枠0- 3- 3-14/200.0%30.0%0133
5枠1- 1- 1-17/205.0%15.0%2527
6枠3- 2- 0-15/2015.0%25.0%11568
7枠0- 1- 1-24/260.0%7.7%036
8枠0- 1- 1-24/260.0%7.7%017

集計期間:2004.11. 7 ~ 2013.11. 3

ご覧のとおり、7、8枠は(0−2−2−48)とほとんど好走できていない。例外になった馬たちを見てみると……

アドマイヤラクティ
ヒカルカザブエ
ジャガーメイル
スーパージーン

ジャガーメイル以外は2500m以上のレースで実績(=スタミナの裏付け)があった

アドマイヤラクティはダイヤモンドS勝ち、ヒカルカザブエは阪神大賞典2着、スーパージーンは2500mで3勝を挙げていた。

ジャガーメイルは長距離実績はなかったが、2400mを3連勝し、2番人気に支持された上がり馬だった。後に天皇賞春を制したことでも分かるとおり、GI級の力があったのだ。

つまり、外枠に入った場合、長距離実績があるか、GI級の力がない限り、好走は厳しいのだ。

危険な人気馬に上げたこの馬はどちらも満たしていない。人気を吸い取っておとなしく飛んでくれるのではないだろうか。

なお、アルゼンチン共和国杯で注目したい馬は明日の午前中にアップ予定。予想完全版はメルマガと競馬予想グランプリで配信予定だ。乞うご期待!