エリザベス女王杯│過去5回好走馬血統

着順馬名種牡馬母父馬人気
メイショウマンボスズカマンボグラスワンダー2
ラキシスディープインパクトStorm Cat6
アロマティコキングカメハメハサンデーサイレンス5
レインボーダリアブライアンズタイムノーザンテースト7
ヴィルシーナディープインパクトMachiavellian1
ピクシープリンセスディープインパクトKingmambo5
$スノーフェアリーIntikhabCharnwood Forest1
アヴェンチュラジャングルポケットサンデーサイレンス2
アパパネキングカメハメハSalt Lake4
$スノーフェアリーIntikhabCharnwood Forest4
メイショウベルーガフレンチデピュティSadler’s Wells2
アパパネキングカメハメハSalt Lake1
クィーンスプマンテジャングルポケットサクラユタカオー11
テイエムプリキュアパラダイスクリークステートリードン12
ブエナビスタスペシャルウィークCaerleon1

集計期間:2009.11.15 ~ 2013.11.10

概要

京都芝外回り2200mで行われる牝馬限定GI。古馬に加え、クラシックを戦ってきた3歳馬も参戦する現役最強牝馬決定戦だ。

牝馬限定重賞ということに加え、古馬と3歳馬の力の差が計りにくく、2200mという非根幹距離で行われるため、基本的に波乱傾向にある。クイーンスプマンテが勝った年のようなことは稀だが、中波乱くらいは期待して良さそう。

今年はジャパンカップから矛先を変えてきたオークス馬ヌーヴォレコルトや、秋華賞馬ショウナンパンドラといった3歳馬が中心になりそう。果たしてどのようなレースになるのだろうか。

好走血統分析所見

父サンデーサイレンス系が不振傾向。過去5回では(1−0−1−34)と期待値が低い

・過去5年で15頭中10頭は父非サンデー系

・ディープインパクト産駒はまずまず好調。勝ち馬こそ出ていないが、(0−2−1−4)としっかり馬券になっている。京都外回りのディープインパクト補正は健在

・4年連続でロベルトの血を持つ馬が勝利

・4年連続でキングマンボの血を持つ馬が3着以内に

パッと見、面白いと思うのはこの馬(A)↓↓(ランキング内で『A→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)