エリザベス女王杯の枠順が発表された。各馬がどの枠を引いたのか、見ていくことにしよう。

2014年11月16日(日) 5回京都4日目 18頭 [15:40発走]
【11R】  第39回エリザベス女王杯
3歳以上・オープン・G1(定量)(牝)(国際)(指定) 芝2200m・外 (B)

馬名S性齢斤量替 騎手
11ラキシス牝4 56 川田将雅
12フーラブライド牝5 56 酒井学
23キャトルフィーユ牝5 56*ルメール
24オメガハートロック牝3 54*小牧太
35ヌーヴォレコルト牝3 54 岩田康誠
36メイショウマンボ牝4 56 武幸四郎
47サンシャイン牝5 56*藤岡佑介
48グレイスフラワー牝5 56柴田善臣
59ホエールキャプチャ牝6 56蛯名正義
510ヴィルシーナ牝5 56*内田博幸
611レッドリヴェール牝3 54 福永祐一
612ショウナンパンドラ牝3 54 浜中俊
713コウエイオトメ牝6 56 北村友一
714サングレアル牝3 54戸崎圭太
715ディアデラマドレ牝4 56 藤岡康太
816スマートレイアー牝4 56*武豊
817ブランネージュ牝3 54 秋山真一
818アロマティコ牝5 56三浦皇成

注目のヌーヴォレコルトは3枠5番、メイショウマンボは3枠6番、ラキシスは1枠1番と有力どころは内枠に入った。一方、スマートレイアー、ディアデラマドレ、ショウナンパンドラといった第2グループは比較的外に。

エリザベス女王杯は「外枠有利」という論調が目立つ。確かに、数字を見ればそうかもしれない。

枠番別集計
枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠0- 2- 0-17/190.0%10.5%027
2枠1- 1- 2-15/195.3%21.1%2068
3枠1- 0- 3-15/195.3%21.1%4447
4枠2- 1- 1-16/2010.0%20.0%399109
5枠1- 1- 0-18/205.0%10.0%911
6枠1- 2- 1-15/195.3%21.1%17139
7枠0- 2- 1-23/260.0%11.5%018
8枠4- 1- 2-20/2714.8%25.9%24180

集計期間:2004.11.14 ~ 2013.11.10

ご覧のとおり、8枠が最多の4勝を挙げている。一方で1枠は数字が悪い

ただ、これは“いわくつき”の数字だと感じる。4勝のうち1勝はスノーフェアリーが挙げたもの。これは枠順云々ではなく、スノーフェアリーが強すぎた。

そして一昨年のレインボーダリアが勝った年は重馬場の中で行われ、掲示板に載った馬がすべて二桁馬番という外有利な馬場状態だった。

一方、1枠には4番人気以内の人気馬が入ったことが2回しかない。この2頭はしっかりと好走している。穴馬が走っていない点は気がかりであるものの、極端に不利と結論付けるのは危険だ。

しかも今年は良馬場で行われる見込み。先週の競馬を見る限り、内が悪いということはなさそう。ということで、枠順で取捨選択を決めるべきではないというのが私の考えだ。

なお、枠順発表を受けて買いたいと思ったのはこの馬

その馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『F→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

おそらく好枠からスッと先行できるはず。今年は展開的に恵まれそうで、一発あるとすればこの辺りになりそうだ。