■大井12R 帝王賞

「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

○07 コパノリチャード
▲02 ニホンピロアワーズ
☆10 ワンダーアキュート
△04 ソルタリーキング

まず注目したいのは、本日は馬場が渋った状態で行われることが濃厚となっていること。

馬場が渋った場合、台頭してくるのがロベルトの血だ。やや重で行われた2010年は5番人気のフリオーソ(父ブライアンズタイム=ロベルト系)が勝利。不良馬場の2009年は2番人気のフリオーソが2着に、やや重の2008年でもフリオーソが勝利を収めている。

さらに振り返れば2005年、重馬場で行われたレースを制したのはブライアンズタイム産駒のタイムパラドックスだった。

帝王賞と同じ条件で行われる東京大賞典を見てみても同じだ。

2012年(重)は母父ブライアンズタイムのハタノヴァンクールが2着となり、2007年(不良)は母父ブライアンズタイムのヴァーミリアンとフリオーソ、そして父ブライアンズタイムのメイショウトウコンのワンツースリーだった。

本命のこの馬は父がロベルト系で好走血統に合致

もともと叩いて良くなっていくタイプで、叩き2戦目の今回は上積みが見込める。2000Mという距離に不安もない。激走に期待したい。

2番手にはコパノリッキー。血統的には問題ないだろうし、馬場が良ければ普通に本命を打っていた。

ただ、2000Mを経験していない1番人気馬というのは望んで買いたいものではない。ということで2番手。

以下、実力はあるものの、さすがに衰えが見え隠れするニホンピロアワーズとワンダーアキュートが続く。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!