前回は宝塚記念の好走血統に関して検証した。

ステイゴールドやグラスワンダーといった種牡馬が活躍するGIでどんな血が強調できるのか、分かったと思う。

今回はゴールドシップ、ウインバリアシオン、そしてジェンティルドンナの“3強”にフォーカスして血統面を見ていこう

3強の血統評価

この3頭は昨年の宝塚記念にも出走している。昨年はゴールドシップ、ジェンティルドンナ、フェノーメノが“3強”とうたわれていたが、結果は以下のようなものだった。

1着 ゴールドシップ(2番人気)
3着 ジェンティルドンナ(1番人気)

また、2年前の宝塚記念ではウインバリアシオンが3番人気で4着になっている。

1頭1頭、見ていこう。

まず昨年の覇者ゴールドシップについて。この馬に関して、適性を疑う余地はない

なんといっても特注血統のステイゴールドを父に持っている。同じくステイゴールドを父に持つオルフェーヴルやナカヤマフェスタ、ドリームジャーニーが宝塚記念を制しているように、明らかに適性は最上位だ。

しかも母父のメジロマックイーンはオルフェーヴルやドリームジャーニーと同じ。

昨年の「天皇賞春惨敗→宝塚記念での復活」がドラマチックにもてはやされたが、こんなの復活でも何でもなく当たり前の出来事だったのだ。

今年も注意すべき存在であることに疑いの余地はない。

次にウインバリアシオンに関して。

父のハーツクライは現役時代、宝塚記念で3番人気2着と好走している。ステイゴールドほどではないが、宝塚記念に適性のある血統と言っていいだろう。

ただこの馬自身、2年前の宝塚記念では3番人気に支持されながら4着に敗れている。この点をどのように捉えるかが、今回の予想のポイントだ。母系も含めて、最終的な判断を下したいと思っている。

最後にジェンティルドンナに関して。

この馬は昨年、3着に好走した。しかし、1番人気に支持されていたこと、ダノンバラードに先着されたことを考慮すると「凡走」と評価しても差し支えないパフォーマンスだった。

父のディープインパクトは宝塚記念を制しているが、当時は京都開催だったため、阪神開催における宝塚記念ではステイゴールドやハーツクライほど強調できない

今年は去年よりも人気は落とすだろうが、ドバイシーマクラシックを制覇して参戦するため、極端に落ちることはないだろう。となると、血統的な面だけ見るとどのような評価を下せばいいかは明白だ。

3頭の位置づけはこんな感じ。最終的には母系も含めて判断するため、最終的な評価は入れ替わるかもしれないが、基本的には上記のような考えのもとで予想を行うのが妥当だろう。

なお、この3頭以外に血統的に強調したい1頭を挙げていこう

その馬の名(D)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

この馬は特注血統に該当していて、血統的にとても面白い。人気薄になることは間違いないだけに、注目しておきたい馬だ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!