枠順の重要性

前走は生産者の立場からオークスというレースを紐解いてみた。

生産者にとってクラシックがどれほど重要なレースか知ることで、どの牧場で生産された馬が強調できるのか、分かったはずだ。

今回はオークスにおける枠順の重要性について解き明かしていこう

距離ロスをなくすために……

3歳牝馬にとって府中の2400Mという舞台はかなり過酷な舞台だ。

2400M自体経験していない馬がほとんどだし、桜花賞路線を歩んできた組の中にはマイルより長い距離で走ったことのない馬も少なくない。

よって、最大の不安が「距離」と言える。

その距離に対する不安を最も軽減させてくれる枠順……それは言うまでもなく「内枠」だ。

オークスはコーナーが4回。つまり、外枠に入ると4回分、距離をロスするリスクを負うことになる。一方、内枠に入れば内ラチ沿いを進めるため、距離をロスするリスクが低い。

多少力の劣る馬でも、枠順次第では好走できるということだ。

実際、過去10年の枠順別の成績を見てみると……

◆枠番別集計(※9番人気以内のみ集計)
————————————————-
枠番 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
————————————————-
1枠 1- 2- 1- 5/ 9 11.1% 44.4% 130 184
2枠 3- 1- 1- 8/13 23.1% 38.5% 516 178
3枠 0- 1- 2-11/14 0.0% 21.4% 0 60
4枠 1- 1- 0- 9/11 9.1% 18.2% 12 23
5枠 1- 1- 3- 6/11 9.1% 45.5% 60 146
6枠 0- 0- 2- 4/ 6 0.0% 33.3% 0 106
7枠 3- 1- 1- 6/11 27.3% 45.5% 333 152
8枠 2- 1- 0-12/15 13.3% 20.0% 39 82
————————————————-

複勝回収値を見てほしい。1、2枠が揃ってワンツーとなっている。複勝率も44%、39%と高い。

7枠の成績が良いところを見ると、外枠が極端にダメということではないが、やはり穴馬を探し出したいのなら内枠から選ぶのがベターな選択と言えるだろう。

ということでオークスの枠順発表には注目していきたい。

なお、内枠に入ったら面白いと思う穴馬を1頭紹介していこう。

その馬の名(G)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

レースセンスが抜群だし、血統的にも距離は問題なさそう。内枠に入れば経済コースをするする通って穴を開けてくれるかもしれない。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!