(C)masa
(C)masa

今週は京都芝1200Mで行われるシルクロードSを徹底検証していく。

高松宮記念へ向けたスプリント重賞。今年は上がり馬のレディオブオペラストレイトガール、実力馬マジンプロスパーなど楽しみなメンバーが揃った。

馬券的にも妙味がありそうなメンバーだけに、波乱を期待したいところ。まずはいつものように舞台設定から見ていこう。

シルクロードSの舞台設定

シルクロードSは2回京都開催開幕週の芝1200Mで行われる。

このレースを考えていく上で最もキーになるのが、開催が変わるという点だろう。

1回京都はAコースを使用してきたが、2回開催からはBコースを使用する。

このBコースというのがかなり厄介なのだ。

Aコースの時は“グリーンベルト”と呼ばれる有利な走路が存在した。馬場の内側にあるグリーンベルトの上を通れる馬がかなり有利になるため、基本的には内先行の馬を買えばよかった。差し馬でも内を通れる馬を探せば激走馬を見つけることができた。

しかしBコースになったことでグリーンベルトは消え、明確な傾向はなくなる。そして、差しが決まる馬場のように見えるが前も軽視できないという、読みにくい馬場になるのだ。

だから開幕週(特に土曜日)はしっかりと様子を見て、傾向が読めたら日曜日、傾向が読みづらかったら来週、再来週に勝負を懸けたほうが懸命だ。

シルクロードSを当てたいのはやまやまだが、馬場が読めていないのに勝負するというのは得策ではないため、じっくりと傾向を探っていきたい。

そこで気になる血統面だが、一つ興味深いデータを紹介しておこう。

過去3回の京都2回開催の前半戦(4日目まで)のデータを集計してみると、ある系統の血を持った馬が毎年複勝回収値100以上をたたき出していることが分かる。

この馬は京都の高速馬場が得意であるため、開催代わりで馬場が良くなるため、台頭してくると考えられる。

過去3年、その系統の種牡馬を父に持つ馬の成績は……

(2−2−5−10)
勝率11%
複勝率47%
単勝回収値50
複勝回収値147

ご覧のとおり、秀逸な成績を残している。この血を持つ馬はシルクロードSでも当然警戒が必要だ。

となると、父にではないが、この注目血統の血を母父に持つこの馬は激走の期待が持てるかもしれない

その馬の名(B)は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!