(C)arima0208
(C)arima0208

今週の“最大目標”は朝日杯フューチュリティステークスで的中すること。

そのために、徹底検証を行っていく。

昨年はゴットフリート本命で3連単を的中させたレース。昨年の再現と行きたいところだ。

朝日杯FSの舞台設定

朝日杯FSは「中山芝1600M」で行われる「2歳GI」だ。

阪神JFが阪神芝1600Mという“本格派”のコースで行われるのに対し、朝日杯FSはトリッキーな中山マイルで行われる。

来年からは阪神に舞台を移すことになったが、その理由こそ、この「トリッキーさ」なのだ。

JRAも「明らかに不利を受ける馬がいる」として、2歳王者決定戦にふさわしい舞台ではないと認めた。

ただ、これは裏を返せば、この「トリッキーさ」に対応することこそ、このレースを制する上で最も重要なことだと示唆している。

阪神JFは基本的には「強い馬が勝つレース」で、クラシックに繋がることもあるが、朝日杯FSに関してはほとんどクラシックにつながらない

実際、昨年を除けば朝日杯FSを勝ってクラシックホースとなった馬となると、ナリタブライアンまで遡らなければならない。

エイシンプレストンやセイウンワンダー、ローズキングダムですらクラシックは勝てなかった。昨年のロゴタイプのような例はむしろ例外なのだ。

つまり、朝日杯FSで買うべき馬とは……

・「トリッキーさ」に対応できる馬
・最低限GIで好走できる実力がある馬

ということになる。この考えを根幹に、検証を進めていこう。

となると、ぱっと見、上記の条件に合致しそうな「面白そうな穴馬」はこの馬になります。

その馬の名は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!