(C)arima0208

前回は朝日杯フューチュリティステークスの「本質」について検証した。

ペースがほぼ確実に「前傾ラップ」になるため、必要となる要素が明確にあることが分かったと思う。

今夏はその考え方をベースに、ローテーションについて考察していこう。

距離延長組の苦戦

朝日杯FSではローテーションが重要な要素の一つとなる。

まだキャリアが浅い2歳馬であるため、どのようなレースを経験してきたかが、一つの大きなカギになってくるからだ。

では、どんなローテーションを歩んできた馬が強調できるのか? あるいは軽視すべきなのか?

前走の距離から見ていくことにしよう。

同距離
(3−2−5−25)
複勝率29%
複勝回収値66

距離延長
(3−5−2−74)
複勝率13%
複勝回収値44

距離短縮
(4−3−2−28)
複勝率24%
複勝回収値41

ご覧のとおり、距離延長組の成績が芳しくない。これは出走頭数が多いため、全体的な数字を下げている、ということも考えられるが、やはり他のローテーションよりも10%以上数字が低いというのは注視すべき点だ。

朝日杯FSでは底力が求められる。だから、短い距離しか経験していないスピード馬が好走する可能性はかなり低い

だから必然的に短い距離を使ってきた馬の成績が悪いのだ。

そして、これをさらに深く探っていくと、「距離延長組の取捨選択」の方法が見えてくる。

これはメルマガでしか明かせないが、今回はこの観点から浮上する「危険な人気馬」を1頭記しておこう。

好走を続けてきているが、朝日杯FSで好走することは厳しいかもしれない。

その馬の名は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!