(C)arima0208
(C)arima0208

今回はアルゼンチン共和国杯の「全頭診断」を行う。

これまで主に「高齢馬の不振」や「4歳馬の躍動」、「5、6歳馬の好走の条件」、そして「血統」について検証してきた。

そのことも考慮した「総評」をお届けする。出走頭数多いため、今回は2回に分けてお送りする。今回は第1弾。

なお、完全版は「JIN競馬プレミアムメールマガジン」でお届けするため、そちらに登録してほしい。

週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。秋の飛躍を目指す出走馬たちを、紐解いていこう。

全頭診断その1

※馬名(血統評価A〜E)
※血統評価はあくまでも血統のみ見た評価であり、出走馬自体の評価ではありません

アスカクリチャン(C)
父スターリングローズ、母父ダイナレターという血統。

母父ノーザンテースト系というのは悪くないが、それ以外に強調材料はない。グレイソヴリンやロベルトといった好走血統を持っていないし、スピードにも欠ける印象だ。

実際、前走は59キロを背負ったとはいえ、差し比べに負けて4着に惜敗。今回、斤量は3キロ減だが、メンバーは大幅に強化される。

アルゼンチン共和国杯で劣勢傾向にある6歳という馬齢もネック。ここ4走は掲示板を確保している好調馬ではあるが、前走東京で3着以下だった馬の成績は(0―0―0―32)。あとは枠順と人気との兼ね合い。内枠がほしいが、どうか。

アドマイヤラクティ
メールマガジンに掲載

イケドラゴン(D)
父ニューイングランド、母父サクラユタカオーという血統。

血統的に強調できるのは5代目にリボーの血を持っているくらい。父、母父ともに長距離GIでの実績はなく、スタミナという点では他馬に劣る。

7走連続で低斤量ながら1秒以上の負け。何より8歳馬では、タフなアルゼンチン共和国杯で好走することはできない。

エックスマーク
メールマガジンに掲載

コスモラピュタ(B)
父ロージズインメイ、母父トニービンという血統。

好走血統のグレイソヴリン系を母父に持ち、セントサイモンの血を3代目に持っている点もプラスだろう。ロージズインメイ産駒の適正距離はもう少し短いところにあるが、ぎりぎり許容範囲ではある。母母父のサドラーズウェルズも底力を加えてくれるはずだ。

ただ、いかんせリズムを崩した6歳馬にフレッシュさを求めるのは酷な話で、前走中山で凡走した馬が巻き返して好走した例はない。苦戦必至だろう。

コスモロビン
メールマガジンに掲載

サイモントルナーレ(E)
父ゴールドアリュール、母父アフリートという血統。

ダート配合で、長距離GIの血や凱旋門賞血統とも縁がない。好走血統も持っていないため、全く評価はできない。

しかも7歳という高齢馬。

前走は斤量50キロで勝っているが、ハンデ戦とはいえ東京では厳しいだろう。ここで惨敗し、コーナー4つのローカルハンデ戦で狙いたい。

シゲルササグリ(D)
父ブラックタキシード、母父デインヒルという血統。

母父のデインヒルは持続的なスピード競馬を得意とする馬だが、父のブラックタキシードも含めてスタミナという点では他馬に見劣りする。3代目のストームキャットやアリダーも、この舞台で強調できるような種牡馬ではない。

ロベルト、グレイソヴリンの血も持っておらず、血統的な観点から見るとこのレースに向いていない

もっとも、4歳の上がり馬という点は評価できるし、前走勝っていることも好材料。また、前走からの斤量減も悪い要素ではない。過去10年、4歳馬が斤量減で出走した場合の成績を見てみると……

(3―4―4―20)
複勝率36%
複勝回収値119

ご覧のとおり、好走率は高く、穴もあけている。ただ、返す返すも血統面は気になるところ。本質的にはローカルの小回り向き

ということで、最も買いたい馬はこの馬!

その馬の名は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

次回もアルゼンチン共和国杯の「全頭診断」をお送りする。乞うご期待!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!