(C)arima0208

鈍色の雲に包まれた京都競馬場の3000mでローズキングダムを下してクラシック制覇を果たしたビッグウィーク。しかし、その後は低迷続きで遂に障害へ転向することになってしまった……。

あの菊花賞は超スローペースで、先行していたこの馬にとってまさに「展開がハマった」レースだった。

「3000m」という「特殊な距離」ですべての馬が「初めて走る距離」で「展開がハマって」勝った。つまり、相当恵まれた勝利だったわけで、普通の中距離レースに斤量を背負わされて出たらそりゃ厳しいわけだ。

ちなみに血統面でもビッグウィークに分があったことは間違いない。ビッグウィークの父は凱旋門賞馬のバゴ。対する圧倒的一番人気のローズキングダムは父キングカメハメハ。キングカメハメハはあまりスタミナを持ち合わせていないため、2400mまでならまだしもそれ以上となると厳しい。天皇賞春でトゥザグローリーやローズキングダムが人気になりながら凡走していることでも、それは明白だろう。

GI馬、しかもクラシックホースが障害に……。過去にはNHKマイルカップ馬のウインクリューガーや秋華賞馬のブゼンキャンドルなどの例もあり、ビッグウィークは4頭目の“平地GIウィナー障害馬”ということになる。

もちろん、やるからには復活を遂げてほしいが……それにしてもデルタブルースにしてもそうだし、菊花賞馬は立場は厳しいなぁ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!