(C)glory20070216

今週は函館スプリントSの血統傾向や好走脚質について見てきた。

今回はさらに踏み込んで、函館スプリントSで強調できる血統を見ていきたい。

函館芝1200mの種牡馬事情を見てみると、ある一頭の種牡馬が浮上してくる。その種牡馬の名は「ダンジグ」だ。

ダンジグの特長は「暑さに強い」こと。

例えば過去3年、父ダンジグ系の6月〜8月までの複勝率は37.8%。これは数いる大種牡馬の系統の中でも最高の数字だ。(ちなみに2位は、セントサイモン系の34.1%)

ダンジグは夏競馬で最も強調できる種牡馬の1頭で、函館芝1200mでも抜群の成績を残している。父ダンジグ系は函館芝1200mで過去3年で複勝率44%、複勝回収値は120というのだから無視する訳にはいかない。

今年もダンジグの血を持っている種牡馬には大注目だろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!