GI級の底力を示した馬が頂点へと到達する。

半端なスタミナでは乗り切ることのできない東京芝2500m。

次なるステージへの扉を開くのはどの馬だ?

前回はサンデーサイレンス系の不振について解説した。では、具体的にどの血統の馬を買えば良いのか?キーワードは、「凱旋門賞血統と天皇賞春血統」である。




JIN競馬メルマガ!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

GREE炎上!ある男性が【日記】で書いた【稼げる裏技】話題に!

圧倒的なスタミナと底力が必要な舞台

2度の急坂が待ち受ける東京芝2500mを攻略するためには、スタミナと底力が必要だと何度も記してきた。当然、凱旋門賞やキングジョージなど、欧州の中長距離GIを制している馬の血はかなり強調できる。

また、日本においては天皇賞春や菊花賞など、3000mを超えるレースを制している種牡馬が良いだろう。あるいはもちろん、種牡馬としてこれらのレースを制した馬を輩出している種牡馬も強調できる。

実際、歴代の好走馬を見ても、ほとんどの馬がスタミナと底力の血を持っていた

2011年
トレイルブレイザー
母母父ニジンスキー(イギリス3冠馬)

オーケンブルースリ(※自身が菊花賞馬、非SS系)
父ジャングルポケット(種牡馬として菊花賞馬を輩出、父トニービンは凱旋門賞馬)

カワキタコマンド
母父ナリタブライアン(3冠馬)

2010年
トーセンジョーダン(※非SS系)
父ジャングルポケット
母父ノーザンテースト(天皇賞春馬を輩出)

ジャミール
父ステイゴールド(3冠馬、凱旋門賞2着馬を輩出)
母父サドラーズウェルズ(欧州の大種牡馬)

コスモヘレノス(※非SS系)
母父エリシオ(凱旋門賞馬)

2009年
ミヤビランベリ(※非SS系)
父オペラハウス(キングジョージ馬)
母父ホリスキー(菊花賞馬)

アーネストリー(※非SS系)
母父トニービン(凱旋門賞馬)

ヒカルカザブエ
父ジャングルポケット

ご覧のとおり、過去3年だけ振り返ったが、1頭の例外もなくスタミナと底力の血を持ち合わせていた。それどころかトレイルブレイザー以外は父か母父が強調できる種牡馬であった。また、非SS系も5頭好走しており、注意が必要なことが明白となっている。

となると、母母父に凱旋門賞馬の血を辛うじて持っているものの、父と母父には強調できる血を持っていないこの馬は“危険な人気馬”ということになるだろう。その馬の名は……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!