久々の勝利を目指すオウケンブルースリ (C)arima0208

スタミナと底力を問われるアルゼンチン共和国杯。

昨日は東京芝2500mのコース形態と、なぜスタミナと底力が必要なのかについて触れた。

今回は、“不振な血統”としてお伝えしたサンデーサイレンス系について解説していく




JIN競馬メルマガ!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

GREE炎上!ある男性が【日記】で書いた【稼げる裏技】話題に!

底力勝負には不向きのサンデーサイレンス系

いまやダービーの出走馬全頭にサンデーサイレンスの血が入っている時代だ。しかし、アルゼンチン共和国杯においては、結果を残せていない。

実際、昨年トレイルブレーザーが制したものの、過去9年で父SS系の勝利はこの1回のみ。過去5年の3着内馬を見ても、母系を含めてSSのの血を持たない非SS系が7頭も好走している。近年は好走馬全頭がSSの血を持っている、などという重賞も少なくない中で、この結果は異質といえるだろう。

理由は昨日も伝えた通り。スタミナや底力といった要素が重要になるのがアルゼンチン共和国杯(東京芝2500m)だから、切れ味という最大の武器を発揮できないSS系は苦戦しているのだ。

今年は有力馬のほとんどが父SS系。もし母系も含めて淡白過ぎる血統である場合、かなり“危険な人気馬”ということになるだろう。

今年の出走馬を見ていくと、現時点ではこの馬が“危険な人気馬”ではないかと見ている。その馬の名は……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!