上位人気が予想されるギュスターヴクライ (C)arima0208

明日のGI馬を見つけ出せ。

底力があるのはどの馬だ。困難な上り坂に直面してなお、諦めずに登りきれるのは誰だ。

東京芝2500mで行われるアルゼンチン共和国杯。

コースを知ることで、レースの本質が見えてくる。

レースの本質を知ることで、明日のGI馬が見えてくる

まずは東京芝2500mを、解き明かしていこう。




JIN競馬メルマガ!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

GREE炎上!ある男性が【日記】で書いた【稼げる裏技】話題に!

スタミナと底力が要求されるコース

日本ダービーやジャパンカップと100mしか違わない東京芝2500m。

しかし、たった100mがレースの質を大きく変える。

2400mは、よりスピードが求められるコースだが、2500mで求められるのはスタミナや底力である。

理由は単純明快。2500mのスタート地点はゴール前の急坂。スタート地点から体力を奪われ、ゴール前に2度目の坂を迎えて、さらに体力は削られる。つまり、スタミナや底力のある馬しか勝てないのが東京芝2500mなのだ。

逆に言えばアルゼンチン共和国杯を制することは、GI級の底力を秘めていることの証明にもなる。

実際、過去の勝ち馬を見てみると、そうそうたるメンバーが名を連ねる。

トレイルブレイザー→ジャパンカップ4着、BCターフ挑戦
トーセンジョーダン→天皇賞秋制覇
スクリーンヒーロー→ジャパンカップ制覇
アドマイヤジュピタ→天皇賞春制覇

近5年中3頭が後のGI馬。トレイルブレイザーもGI勝ちこそないが、ブリーダーズカップターフに挑戦するほどの馬だ。

ハンデ戦とはいえ、東京芝2500mというコースを攻略した馬にはGIを勝つ底力が備わっているのである。今年も底力を備えた血統の馬を買っていくことが、的中への近道だろう。

では血統について触れていくと、このレースにおける不振な血統は決まっている。過去9年の勝ち馬の中で、この種牡馬が父系で勝った馬はわずかに1頭。しかも3番人気以内で凡走した12頭中、半数の6頭がこの種牡馬を父に持っていた。その危険な種牡馬とは、以下になります。

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!