圧倒的な存在感を発揮するディープインパクト 【撮影】JIN

意外と知られていない種牡馬の真実に迫り、次なる激走馬を導き出す。

通称【ゲキ馬】。

今回は、“知られていない”というわけではないが、ドナウブルーの勝利を受けて改めて見ていきたいディープインパクトを取り上げる。

改めて見ると、やはりマイルでの強さは異常なのだ。




JIN競馬メルマガ!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

競走馬時代には様々な距離をこなしたディープだが、種牡馬としてはマイルが最も得意と言っても過言ではないだろう。

リアルインパクト
マルセリーナ
ジェンティルドンナ
ジョワドヴィーヴル
ビューティーパーラー

GIは7勝しているディープ産駒だが、うち5勝はマイル。

まずはディープインパクト産駒の成績と、全種牡馬の平均値を比べて見ることにしよう。

ディープインパクト芝1600m  人気別集計

人気勝率複勝率単回値複回値
1番人気39.5%71.6%8389
2番人気20.3%53.6%8890
3番人気15.2%30.3%7558

全種牡馬を含む芝1600m成績

人気勝率複勝率単回値複回値
1番人気28.7%58.8%7278
2番人気18.3%46.6%8178
3番人気15.1%41.9%8985

(ディープ産駒は全馬、全種牡馬成績は過去1年)

ご覧のとおり、ディープインパクト産駒が圧倒的な戦績を残していることが分かる。1番人気の複勝率は実に7割。また一般的に1番人気の勝率は3割が目安だが、その数字も軽く超え、4割に迫る勢い。

しかも回収率に関しても優秀。1、2番人気ともに複勝率は約9割で、平均値を大きく超えている。人気馬しか集計していない(=人気薄の一発によって数字が跳ね上がっているわけではない)にもかかわらず、である。

さらにクラス別に見てみることにしよう。

ディープインパクト  クラス別集計

クラス勝率複勝率単回値複回値
新馬30.4%60.9%7681
未勝利28.0%56.0%8583
500万下29.7%78.4%89111
1000万下11.8%17.6%4431
1600万下0.0%33.3%043
OPEN特別66.7%83.3%168110
G330.8%46.2%12279
G20.0%0.0%00
G125.0%62.5%108123

※GIIは出走が3頭のみ。

500万クラスの成績が特に高いが、とりわけどのクラスでも安定した成績を残している。クラスの壁は存在せず、GIも既に5勝。無理に切ってはいけない種牡馬であることは間違いない。

ディープインパクト  年齢別集計(1、2番人気)

年齢勝率複勝率単回値複回値
2歳・夏50.0%91.7%110103
2歳・秋39.1%73.9%8198
3歳・冬24.2%57.6%7989
3歳・春25.0%66.7%9397
3歳・夏33.3%83.3%85115
3歳・秋0.0%22.2%036
4歳・冬30.0%40.0%11773
4歳・春14.3%14.3%2115
4歳・夏75.0%100.0%312172

 

まんべんなく高い数字。特に2歳の夏は圧巻で、勝率5割、複勝率9割超とダントツの数字を残している。

調べてみると特に夏場が良く、6月から9月までの複勝率はすべて80%を超えている。単複回収値も100超。夏は素直にディープインパクト。逆らうだけ無駄、ということが言えそうだ。

まとめると、マイルで人気になるディープインパクト産駒は素直に評価したほうが無難。むしろ逆らったら命取りになりかねない。そう、関屋記念でドナウブルーに逆らった私のように……。(自虐締め)

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!