「天皇賞秋2013」タグの記事一覧

【天皇賞秋回顧】ハーツクライとディープ、血の歴史は繰り返す/2013

回顧

今回は天皇賞秋の回顧をお送りする。ジェンティルドンナ、トウケイヘイロー、エイシンフラッシュの“3強”ムードが漂う中で、突き抜けたのはジャスタウェイだった。なぜ4馬身もの差で圧勝できたのか? 当日の血統傾向は? ジャスタウェイの評価は?徹底回顧をお届けする。

【謝罪】天皇賞秋の予想公開失敗に関して

予想

申し訳ありません。。。徹底検証をして迎えた天皇賞秋。私は現地観戦のため、朝方にブログ記事作成を終えて、投稿予約をしてから府中に向かいました。開門ダッシュで席を確保し、朝からビールを飲み、天皇賞秋で絶叫し、最高の1日を過ごしました。しかし、帰ってきてメールボックスを開いてみると、メールの山。「予想のアップ、まだですか?」

【天皇賞秋】全頭診断!オーシャンブルー、アンコイルド、ダノンバラードの評価は!?/2013

GI検証

今回も天皇賞秋の「全頭診断」を行う。これまで主に「根幹距離実績の重要性」、「キャリア考察」、「58キロ実績」そして「血統」について考察してきた。そのことも考慮した「総評」をお届けする。出走頭数多いため、今回は3回に分けてお送りする。今回は第3弾。週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。天皇盾の名誉を目指す出走馬たちを、紐解いていこう。

【天皇賞秋】全頭診断!ジェンティルドンナ、トウケイヘイロー、エイシンフラッシュらの評価は!?/2013

GI検証

今回も天皇賞秋の「全頭診断」を行う。これまで主に「根幹距離実績の重要性」、「キャリア考察」、「58キロ実績」そして「血統」について考察してきた。そのことも考慮した「総評」をお届けする。出走頭数多いため、今回は3回に分けてお送りする。今回は第2弾。週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。天皇盾の名誉を目指す出走馬たちを、紐解いていこう。

【天皇賞秋】全頭診断!コディーノ、ナカヤマナイト、トゥザグローリーらの評価は!?/2013

GI検証

今回も天皇賞秋の「全頭診断」を行う。これまで主に「根幹距離実績の重要性」、「キャリア考察」、「58キロ実績」そして「血統」について考察してきた。そのことも考慮した「総評」をお届けする。出走頭数多いため、今回は3回に分けてお送りする。今回は第1弾。週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。天皇盾の名誉を目指す出走馬たちを、紐解いていこう。

【天皇賞秋】重馬場GIの“意外な真実”とは?〜常識を疑え!〜/2013

GI検証

前回の検証では天皇賞秋の「重要ファクター」について記した。天皇賞秋は府中の根幹距離で行われるGIであり、「58キロ」という過酷な斤量を背負って走らなければならない。そういった舞台で激走するためには「実績」が重要になることが分かった。今回は天皇賞秋に限定せず、重馬場、不良馬場で行われるGIの傾向について見ていこう。鍵になるのは「常識を疑うこと」だ。

【天皇賞秋】好走馬15頭中14頭がクリアした重要ファクターとは?/2013

GI検証

前回の検証では天皇賞秋の「好走血統(その2)」について記した。府中のGIで「スピードの持続力」がいかに重要かが分かり、好走馬86パーセントが持っていた血統について分析した。今回は別の角度から天皇賞秋を攻略するカギを探っていく。キーワードは「58キロへの対応力」だ。

【天皇賞秋】最強馬決定戦で求められる“格”とは?〜実績を重視せよ!〜/2013

GI検証

前回は「天皇賞秋でエイシンフラッシュの連覇が厳しい理由」について検証した。レース体系が整った1984年以来、天皇賞秋を連覇を成し遂げた馬は事実上いない。ゼンノロブロイもウオッカもブエナビスタも、連覇を成し遂げることはできなかった。エイシンフラッシュにとっても厳しい道程が待っていることは間違いないだろう。(詳しくはこちらへ)さて、今回は「最強馬決定戦」で求められる実績について記していこう。キーワードは「根幹距離重賞での実績」だ。

ページの先頭へ