「予想」の記事一覧(2 / 8ページ)

ジャパンカップ2014予想│激走の可能性が高い穴馬を公開

予想

ワンアンドオンリーを推奨したい。ジャパンカップは“真の名馬決定戦”だ。格式高いレースであり、中途半端な穴馬が好走できるようなレースではない。ワンアンドオンリーは今年のダービー馬であり、菊花賞1番人気に支持されたほどの馬だ。前走の惨敗によって人気を落としているが、例年のメンバーなら3番人気以内に入っておかしくない実力馬である。言い換えれば、不当に人気を落としているといえる。

京都2歳ステークス2014予想│血統を評価できない馬たち

予想

本日は京都2歳ステークスについて書いていこう。このレースは買いたい馬と買いたくない馬がはっきりしている。というか、買いたい馬は2頭しかいない。それをどこで見分ければいいのか? 単純に、種牡馬を見ればひと目で判断できる。人気になっている馬の中に、明らかに京都で強調できない種牡馬が混じっているのだ。

東京スポーツ杯2歳ステークス2014予想│軸馬に最適な馬を公開

予想

グリュイエールを推奨したい。まず血統は申し分ない。父ディープインパクト、母父キングカメハメハともにクラシック血統で、適性は高い。キンカメは2歳GI馬を輩出する早熟性を持っていて、当レースの傾向に合致している。しかも重賞におけるディープインパクト産駒の人気馬は信頼性がとても高い。

マイルチャンピオンシップ2014予想│魅力的な穴馬を公開!

予想

検証を頭に入れた上で、あえてディープインパクト産駒ではないロゴタイプを推奨したい。現在の京都はディープインパクト馬場になっている。だからディープインパクト産駒3頭で決着しても何らおかしくはない。穴を開けるとしたら、可能性が最も高いのはこの馬だろう。理由は血統にある。

デイリー杯2歳S2014血統予想│人気馬の信用度と穴馬を公開

予想

グレイスフルワードを穴馬として推奨したい。まず大前提として人気馬の信頼性が低い。ナヴィオンは1番人気で信頼できないハーツクライ産駒。前走1400mで快勝している点も好ましくない。アッシュゴールドの父ステイゴールドの産駒は今秋の京都開催で(1−0−2−33)と不振。京都における重賞でも強調できるタイプでもない。

武蔵野S2014予想│データ的に信頼できる軸馬とは?

予想

武蔵野Sのポイントはスピードと軽さだ。東京ダート1600mは、JRAのダートコースの中で最もスピードが求められる舞台の一つ。中山や阪神、中京などはタフさが求められやすいが、東京ではいかに軽快に走れるか、スピードを使えるか、という点が重要になる。それを踏まえた軸馬選定ポイントは以下だ。

ページの先頭へ