まずは本日の推奨馬から。今日は東京最終レースを狙ってみたい。激走の可能性を秘めた穴馬……

その馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

東京はCコースに替わったことで内有利の傾向がやや復活している。展開を考えるとこの馬が一番恵まれそうで、血統も悪くない。一発、穴を開けてほしい1頭だ。

京都11R マイルチャンピオンシップ

マイルチャンピオンシップの検証、未読の方はこちらから御覧ください。

↓↓↓

マイルチャンピオンシップ2014予想│検証まとめとディープ産駒の取捨選択

上記の検証を頭に入れた上で、あえてディープインパクト産駒ではないロゴタイプを推奨したい。

現在の京都はディープインパクト馬場になっている。だからディープインパクト産駒3頭で決着しても何らおかしくはない。穴を開けるとしたら、可能性が最も高いのはこの馬だろう。

理由は血統にある。

ここ5年の勝ち馬を見ると、4頭に“ある共通点”があった。それは……

トーセンラー
母母父サドラーズウェルズ

サダムパテック
母父エリシオ(フェアリーキング系=サドラーズウェルズの全兄弟)

エイシンアポロン
母父サドラーズウェルズ

カンパニー
父母父サドラーズウェルズ

ご覧のとおり、3頭がサドラーズウェルズの血を、1頭がサドラーズウェルズの全兄弟の血を持っていた。

ロゴタイプの父はサドラーズウェルズ系のローエングリンで好走血統に合致。同産駒は京都の下級条件で全く走っていないが、瞬発力勝負が向かないのは当たり前だから仕方ない。マイルCSはある程度ペースが流れる。ペースが流れて底力が問われる展開になれば、力を発揮する可能性は十分だ。

そもそもロゴタイプはベゴニア賞と皐月賞でレコード勝ちするような馬だ。時計勝負でも引けを取ることはない。

十中八九、ディープインパクト産駒が勝つと思うが、この馬も警戒しておくべきだろう。

ただ、本命は別の馬に打ってある。マイルチャンピオンシップの予想完全版はメルマガと競馬予想グランプリで配信。乞うご期待!

JINの勝ち組育成メルマガ

↑↑メルマガはこちらから登録できます↑↑

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!