(C)arima0208

前回の検証ではサンデーサイレンス系が安田記念で不振だということをお伝えした。

では、なぜSS系は不振なのか? その理由は、安田記念のレースラップを見れば明らかになる

2012年
12.2 – 10.7 – 10.9 – 11.1 – 11.4 – 11.3 – 11.8 – 11.9

2011年
12.3 – 10.7 – 10.9 – 11.5 – 11.6 – 11.2 – 11.6 – 12.2

2010年
12.0 – 10.7 – 10.9 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.7 – 12.4

過去3年だけ記したが、ご覧のとおりほとんどラップが緩まない。スタートから一気に加速し、2、3ハロン目は10秒台を記録。普通のレースならここから緩んでラスト3ハロンでペースが上がっていくところだが、安田記念ではそうはならない。

4、5ハロン目でも大きく減速することはなく、そのままのスピードでゴールへ突入する。ただ、さすがに究極のスピードを持続していくことは難しいので、最後の1ハロンで失速する。

つまり、安田記念とはスピードの持続力と、最後1ハロンいかに我慢できるかという底力を要求されるレースなのだ

SS系はレース中盤で脚をためて、瞬発力を生かして上がり3ハロンで一気に加速する、といったレースを得意とする。

しかし、安田記念は中盤で脚がタメられないため、瞬発力を生かしたレースができない。

だからこそ、SS系が大不振なのだ。今年もエーシントップやシルポートなど、前へ行きたい馬がいるため、例年どおりのレース質になる可能性が高い。よって、瞬発力が持ち味のSS系は疑っていくのが妥当である

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!