今回は皐月賞2016の検証をしていきます。

皐月賞は中山芝2000mで行われる牡馬クラシック第1弾です。過去血統のデータから、傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬の血統を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



過去5回好走馬血統

satsukisho2016_blood1

14年以前は改修前なので参考までに。

改修後の昨年は3、2、4番人気の決着とそこそこかたい決着になりました。これが改修後の皐月賞のポイントになるのではないかと考えています。

今までの皐月賞は小回り適性の高さや器用さがポイントになっていました。

しかし、去年は上位人気の決着だった。1番人気のサトノクラウンは6着に終わりましたが、「出遅れ+コーナーで外外を回る+直線の入り口でドゥラメンテに弾かれる」、という三重苦だったため、ほとんどノーカウントのレースと言っていい。あれで6着なら走った方でしょう。

サトノクラウンをノーカウントと考えると、上位人気3頭で決着したことになります。また、サトノクラウンの不利がなかったとしたら、少なくとも3着には来ていた(3着のキタサンブラックとは0.1秒差)。となると、1、2、3番人気の決着だったことになる。

詳しくは後日解説しますが、改修後の皐月賞は……

強い馬が普通に走るレースになる

と考えています。今までのように紛れのあるレースにはならない。(※馬場が渋ると話は変わってきます。あと京成杯くらい緩んだ流れになっても紛れは起こります。念のため)

「ここ数年、中山の馬場が軽くなっていること+路盤改修+改修後の傾向」を総合的に判断すると、そう結論付けるのが妥当でしょう。

だから、血統傾向に関しては過去のものを参考にしないほうがいい

これからの皐月賞のポイントをいくつか書くと……

・ダービーで走る血統が普通に走る

・東京芝2400mのGIで勝ち負けになるくらい強い馬が普通に走る

・母系が気持ち中山向きであるのがベター

という感じ。これが、今後の中山芝中距離重賞ではセオリーになってくるんじゃないかと。まぁ詳しくは後日!

続いて、人気馬の傾向を見ていきましょう。

過去5回人気馬血統

satsukisho2016_blood2

こちらも参考までに。前述のとおり、サトノクラウンは普通に走っていれば2着もあったくらいなのは頭に入れたい。

では、出走を予定している登録馬たちを見ていきましょう。

出走予定・登録馬

satsukisho2016_blood3

今年の桜花賞は結果的に3強で決まりませんでしたが、こっちの3強のほうが強力でしょう。

サトノダイヤモンド、リオンディーズ、マカヒキは例年なら(菊花賞はさておき)「2冠有力」ぐらいの報道がされていてもおかしくないレベルの馬です。この3頭がみんないなくなることは考えづらい。

ただし、桜花賞と違うのは、伏兵も強力だってことです。

ロードクエスト
ディーマジェスティ
アドマイヤダイオウ
ナムラシングン

この辺りは例年ならもっと有力視されてもおかしくないレベル。個人的には3強以外から本命を選ぶのもありなんじゃないかと思っています。

そんな中、期待をかけたいのがこの馬です。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

ずーっと強いと言い続けて重い印を打ち続けているので、ここでも打ちたいなぁと思っています。あとは相手関係と馬場を見て、ですね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!