阪神牝馬ステークスはやっぱり堅かったですねぇ。回避して正解でした。ニュージーランドトロフィーは◎が不利にあって終了。。事実上の軸馬だったダンツプリウスが勝ってくれた+アストラエンブレムとサーブルオールがだいぶ怪しい人気馬ってことは当たっただけに、もう少しなんとかならなかったものかと落ち込みました。エクラミレネールも買ってたし。

え? ストーミーシー? なにそれ、おいしいの?(´・ω・`)

と、さくっと冗談を入れつつ、気持ちを切り替えたいと思います。

今回は土曜日の阪神を見て感じたことを少し。



土曜日の阪神

今日はマイル戦が2レース行われました。振り返ってみていきましょう。

6Rでは断然の1番人気ダイアナヘイローが逃げましたが、最後は差されて4着に終わりました。この結果を見ると「やっぱり逃げ馬は不利」と思われるかもしれません。

ただ、このレースに関しては完全にペースが要因になったと考えられます。

12.5-11.4-11.4-11.9-11.9-11.4-11.2-12.3

ご覧のとおり、ほとんど息の入る場面がありませんでした。前に行った馬にとっては厳しいレースだったわけですね。

次に阪神牝馬S。こちらも人気馬が逃げる展開になりましたが、スマートレイアーはミッキークイーンの追撃を封じて1着でゴール板を駆け抜けました。こちらのラップは以下です。

12.8-10.8-11.6-11.9-11.8-11.1-11.3-11.8

まぁこれくらいのラップで馬の力があるなら残れる、と。多分例年の馬場なら沈んでいたペースだったと思うので、馬場がいいんでしょうね。見た目でもそんなに荒れている感じはしないですし。

ということで今年の桜花賞は

・例年より馬場がいい

・内外フラット。やや外有利ではあるが致命的な差ではない

・基本的には実力決着が望める

というのがポイントになりそうです。

となると、極端な差し馬場になってほしかったこの馬にとって微妙な舞台設定と言えそうですね。

その馬の名(J)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

そもそも過剰人気になるタイプですし、人気馬を無理に嫌いたい人たちに売れそうな馬なのであまり色気は持ちたくないですね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!