今回は皐月賞2016の検証をしていきます。

前回は伏兵たちの評価について簡単に触れていきたいと思います。 



皐月賞の出走予定馬考察

ロードクエスト

スプリングSの回顧↓↓

地力勝負で3着。出遅れ。コーナーで距離ロス。1、2着とは通ったコースの差で、補正すると1着に相当する。久々だったが、しっかりと成長してきている。3強との力差はさほどない。問題はスタートが下手なのと、脚質が差し一辺倒だということ。いくら強い競馬をしても後ろからだとどうしても距離ロスや不利を受けるリスクが高まり、結果として取りこぼしが多くなる。特に皐月賞はフルゲートになるだけに、脚質はネック。マツリダゴッホ産駒は中山が合わないということも含め、「皐月賞<ダービー」と見る。

基本的に見解は変わっていません。プラス要素を挙げるとするなら先週はマツリダゴッホ産駒が(1−2−1−0)とパーフェクトだったので馬場が合っている可能性があるのと、馬場が渋るのであればチャンスが出てくるのではないかな、と。

アドマイヤダイオウ

若葉Sの回顧↓↓

出遅れながら1着。重賞級。ディープ産駒で重馬場がベスト条件じゃない中でこの走りというのは素直にすごい。例年ならクラシックで普通に勝負になるレベルにある。今年は超ハイレベルであるため伏兵という立場だが、展開さえ向けば上位争いができる力はある

若葉S組って軽視されがちなんですが、舞台設定は「内回りの2000m」、「右回り」、「直線に急坂」など皐月賞とリンクする部分が多く、ここで高いパフォーマンスを示した馬が本番で穴を開けるケースって、実は多いんです。事実、過去10年で単勝100倍以内だった若葉S組は(1−3−2−13)で複勝回収値170と優秀な成績となっています。

今年は道悪開催でしたが、皐月賞も雨の影響を受けそう。となると、伏兵の1頭と考えたいところですね。

ナムラシングン

若葉Sの回顧↓↓

出遅れ。コーナーで距離ロス。補正するとこちらが1着。重賞級。今回は条件が向いたものの、それを差し引いても余りある素晴らしい走りっぷり。クラシック路線でも勝負になる。特に皐月賞は「差せる馬場状態」か「道悪」であれば本命を打ってもいい。人気にならないタイプ+今年は3強が人気を吸い取ってくれるはずなので、妙味が生まれそう。3強とは人気ほど実力差はない

というように、個人的には評価している馬です。キャリアを振り返っても、スローペースの中でコーナーで大外を回すという最悪の競馬だった京成杯以外はしっかりと走っています。

スタートがあまり上手じゃないので出遅れて大外をぶん回す展開になったら厳しいと思いますが、五分に出てそれなりのポジションにつけられれば……と思わせる馬ではありますね。後ろから行くことがほぼ確実なので人気なら不安要素を重視するところですが、伏兵で一発を狙えそうなら、そちらにかけてみてもいい。

追える田辺騎手への乗り替わりは悪くない。穴馬候補の1頭と考えています。

なお、この中で一番評価しているのはこの馬です。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!