今回は桜花賞2016の検証をしていきます。

前回は桜花賞の予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう! 



桜花賞の出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1メジャーエンブレム1.9
2シンハライト3.1
3ジュエラー3.5
4レッドアヴァンセ17.3
5ラベンダーヴァレイ23.3
6アットザシーサイド25.7
7ウインファビラス41.8
8デンコウアンジュ43.1
9ソルヴェイグ119.0
10ブランボヌール142.9
11キャンディバローズ164.5
12アドマイヤリード296.4
13ビービーバーレル342.1
14アッラサルーテ486.8
15ジープルメリア767.6
16メイショウスイヅキ855.4
17メイショウバーズ1222.0
18カトルラポール1274.0

こんな感じですね。なお、出走予定登録馬は以下のとおりです。

ohkasho2016_blood3

では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

メジャーエンブレム

この馬に関しては「積んでいるエンジンが違う」という評価でいいのではないでしょうか?

阪神JFの時点で、下手したら古馬準OPで勝ち負けできるくらいの走りをしていました。レース前は「ダイワメジャー産駒はGIで勝ち切れないんじゃ?」と考えていましたが、圧勝ぶりにビックリ。認識は改めざるを得なくなりました。

大本命馬が飛ぶ時のパターンっていくつかあって、主なのが「出遅れ」とか「包まれて追い出せず」とか「外枠を引いてコーナーで距離ロス」なんですが、メジャーエンブレムの場合は……

・スタートが抜群にうまい
・先行馬なので包まれる心配なし
・先行馬&内外フラットな馬場なので距離ロスの心配なし

という感じで、該当しないんですよね。阪神は差せる馬場なので、今週になってより先行馬苦戦の馬場になるなら勝ち切れない可能性は出てくると思いますが、事故が起こらない限り馬券圏内から外れることはないでしょう

シンハライト

3連勝で駒を進めてきたディープインパクト産駒。桜花賞はディープ天国のレースなので、軽視することはできません。チューリップ賞の走りを見ても、能力上位は明らかです。

ただし、やっぱり母系がネックですよね……。母父サドラーズウェルズ系のディープは重たすぎてGIだと勝ち切れない。タッチングスピーチしかり。

さらに兄弟たちを見てみると「トライアル好走→本番で大凡走」というケースが目立ちます。アダムスピーク、リラヴァティ、アダムスブリッジがそうでしたよね。

能力はあるので無視はできないものの、全幅の信頼までは……。という感じ。

個人的には「シンハライトが来ても来なくても儲かる馬券を買う」ことが今年の桜花賞のポイントなんじゃないか、ともちょっと思っています。

ジュエラー

ヴィクトワールピサ産駒の牝馬はアベレージが低いんですが、強い馬は強い。この馬やパールコードなんかがそう。多分、牝馬に関しては当たり外れが激しいタイプの種牡馬なんでしょうね。と、今のところ判断しています。

能力は高いし、末脚確実なので当然好勝負可能でしょう。ただゲートが下手なのと二の足もつかないのでどうしても後ろからになってしまう。「後ろからいく=不利を受けやすい」わけなのは頭に入れておきたいところ。

レッドアヴァンセ

当然ながら、前走の大幅馬体減は嫌ですよね。体重が戻っていたとしても、何かしらの反動は気になる。

そしてこの馬も母父サドラーズウェルズのディープ&母系が完全なトライアル血統なので、重い印を打ちにくい。リディル、クラレント、レッドアリオン、サトノルパンはみーんなGIになると大体こけますから。クラレントがNHKマイルと安田記念で走ってくらいじゃなかったですかね?

「なんか3強に本命打ちたくないからこの馬でいっか」みたいな消去法で本命打つ人が多そうなので、個人的にはヒモ以上の評価はしないと思います。

ラベンダーヴァレイ

前走は戸崎騎手がかなりうまく乗ったな、という印象。上位2頭とは差がある内容でした。

ただし、それでもチューリップ賞上位組なわけで、極端に評価を落とす必要はないですね。

また、他のディープに比べると母系は強調できる。全兄のマウントシャスタは3歳馬ながら宝塚記念で5着になり、カミノタサハラは骨折がありながら皐月賞4着、ベルキャニオンも皐月賞7着、ダービー8着とまずまず健闘しています。3歳春の時点で、高いレベルでもそこそこ走るという裏付けがある。

お兄さんたちが“ちょい負け”しているように勝ち切るイメージはありませんが、2、3着候補としては面白い1頭だと思っています。

上位人気の評価はこんなところ。

なお、穴馬として面白そうなのはこの馬です。

その馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

やや消去法気味のチョイスではありますが、それでもこのメンバーなら十分圏内なんじゃないかなーと。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!