今回は桜花賞2016の検証をしていきます。

桜花賞は阪神芝外回り1600mで行われる牝馬クラシック第1弾です。過去血統のデータから、傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬の血統を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



過去5回好走馬血統

ohkasho2016_blood1

一目で分かる通り、ディープインパクト産駒天国です。とにかくディープインパクトを買えばいい。シンプル・イズ・ベストですね。

阪神外回りの1600mなので基本的に実力が問われます。だから、基礎能力の高いディープインパクト産駒が上位を占めているわけです。先週の大阪杯も結果的にディープインパクト産駒の3頭(キタサンブラック=ブラックタイド=ディープインパクトの全兄弟)で決着しましたから、ディープが力を出せる馬場なんでしょう。

続いて、人気馬の傾向を見ていきましょう。

過去5回人気馬血統

ohkasho2016_blood2

能力が問われるレースなので、大波乱ということはめったにありません。去年は桜花賞史上に残る超スローペースだったので波乱になりましたが、あんなことは滅多に起こらない。二桁人気で好走したのはプリンセスジャックだけですからね。

基本的には上位人気馬の取捨選択が大事なレースと考えたい

では、出走を予定している登録馬たちを見ていきましょう。

出走予定・登録馬

ohkasho2016_blood3

今年は「メジャーエンブレムVSチューリップ賞組」という構図になっています。フィリーズレビューなどの別路線組はレベル的にちょっと厳しそうですからね。

正直、メジャーエンブレム、ジュエラー、シンハライトの実力は確かなのでこの3頭で決まっても全然おかしくないなぁと思ってます。これに続くレッドアヴァンセとかラベンダーヴァレイも悪くはないですけど、どちらも過去に大幅馬体減があるなど、体調面に不安を抱えているので全幅の信頼は起きづらいんじゃないかと。

そんな中、あえて穴馬として面白そうな馬を選ぶとすればこの馬です。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

正直、クラシックでどうこうという血統ではないと思うんですが、一応好走血統のくくりですし、前走は不利があって全く力を出せませんでした。今回、極端な人気落ちをするわけで、であればおさえてもいいと思います。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!