今回はニュージーランドトロフィー2016の検証をしていきます。

ニュージーランドTは中山芝1600mで行われる3歳限定のGIIです。過去血統のデータから、傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬の血統を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



過去5回好走馬血統

nzltrophy2016_blood1

14年以前は改修前の好走血統なので、参考程度に。

去年にしても道悪開催なので参考資料としては微妙ですね。ただ、ヤマカツエースは良馬場開催であっても走ったと思います。

改修後の中山はとにかく「キングマンボ」、「ロベルト」、「欧州型ナスルーラ」なので、理想的な血統だったわけです。今年もこれらの血統を重視していけば、的中に近づいて行くでしょうね。

続いて、人気馬の傾向を見ていきましょう。

過去5回人気馬血統

nzltrophy2016_blood2

意外と人気馬が堅実に走ることが特徴ですね。先週の中山を振り返っても、馬場がフラットで力のある馬はコーナーのコース取りに関係なく、上位に来られていますから、まずは能力の見定めをしっかりと行うことが重要だと思います。

では、出走を予定している登録馬たちを見ていきましょう。

出走予定・登録馬

nzltrophy2016_blood3

今年はアストラエンブレム、レインボーライン、ダンツプリウスあたりが人気になりそうですね。これに続くのがサーブルオール、ボールライトニングあたりか。

なお、現時点で穴馬候補と考えているのがこの馬です。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

2走前は後の重賞好走馬が集まったハイレベルレース、前走もレベルが高かったので、力があることは間違いない。父はややネックであるものの、母父と母母父は中山重賞の特注血統なので一発あってもおかしくないと思います!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!