今回は日経賞2016の回顧を行っていきましょう。

各馬の評価を見直し、レースを振り返ることで次走買えるのか否かが見えてきます!

回顧は「各馬が次走で買えるのか?」という予想のスタートです。しっかり振り返って行きましょう!



各馬の評価は?

戦前の評価は、メルマガで発行している予想ファイルを見ていただければ幸いです。

1着 ×09 ゴールドアクター

道中超スロー。実質残り1000mの競馬。レースとしては評価できないものの、いいポジションで折り合って終いもまとめるという王道の競馬で完勝。有馬記念がフロックでないことを証明した。距離が伸びる不安は全く無いだけに、天皇賞春でも主役

2着 ▲04 サウンズオブアース

道中超スロー。実質残り1000mの競馬。もう実力云々ではなくて相手なりにしか走らない馬という認識でOK。当然、天皇賞春でも無視できない。ただし、ネオユニ産駒はどうしても中山以外の重賞だとポカすることが多い。去年のように枠順などが向かない場合は少し疑っても

3着 ☆02 マリアライト

道中超スロー。実質残り1000mの競馬。勝ち馬とは位置取りの差。中距離路線なら安定して走る。牡馬混合でも問題ない。春の最大目標は宝塚記念か。ディープ産駒なので十分に間隔を開けていきたい

4着 ◎07 アルバート

道中超スロー。実質残り1000mの競馬。展開△。位置取りが悪すぎた。力負けではない。見直し可。ただし、何度も書いているように父ミスプロ系はGIだと頭打ちになる傾向にある。天皇賞春に出てくるなら重い印は打てない

5着 △03 ディサイファ

道中超スロー。実質残り1000mの競馬。展開△。上がりを使える馬ではないため、33秒台の末脚が求められる展開では厳しかった。ディープ産駒のため、重賞勝ち後の反動もあったと考えられる。ノーカウントでOK

上位馬の評価はこんなところですね。

なお、今回のメンバーの中で次走、好走する可能性が高い馬は、以下になります

その馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

なお、メルマガ『実践的血統学』では全重賞を含む、全芝レースの回顧(馬別)を行っています。(↓↓サンプル↓↓)

京成杯2

このレースで6着以下だった馬や、重賞以外に出走した馬の評価が気になる方はぜひご購読を。次走の穴馬は6着以下に隠れていることが多いので、チェックしてみてくださいねー!

【メルマガ】『実践的血統学』詳細へ

2017年への教訓

・今年は実質、上位4頭が抜けていて魅力的な穴馬がいなかった

・基本的に紛れのあるコースのため、多頭数の混戦なら穴馬の出番も十分にある

・スタミナ血統、ノーザンテーストに注視

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!