今回は産経大阪杯2016の検証をしていきます。

産経大阪杯は阪神芝内回り2000mで行われる古馬のGIIです。過去血統のデータから、傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬の血統を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



過去5回好走馬血統

sankeiohsakahai2016_blood1

阪神芝内回り2000mはタフなコースです。直線の長い外回りの1800mに比べると直線が短い分、多少の紛れがあるものの、基本的には純粋な力が問われます

実際、過去5年の好走馬を見てみると、穴馬らしい穴馬ってトウカイパラダイスとダークシャドウくらい。

ダークシャドウはその後、エプソムカップと毎日王冠を連勝して天皇賞秋でも2着になりました。単純に実力があったわけですね。

トウカイパラダイスの年は上位人気馬が自滅した感じ。3番人気のメイショウマンボは(その後分かることですが)牡馬混合戦で全く走らない+瞬発力のないエピファネイアが後ろから競馬しすぎた分、届かなかった。(トウカイパラダイスとエピファネイアの上がりは2秒も違いますからね。それで届かなかったのだから、位置取りが悪かったと言わざるを得ません)

要するに

タフなコースに対応できる強い馬が普通に走るレース

というわけです。

続いて、人気馬の傾向を見ていきましょう。

過去5回人気馬血統

sankeiohsakahai2016_blood2

基本的に2頭以上は馬券に絡みますし、紛れがあったとしても馬券になるのは往々にして4、5番人気です。大波乱は起こらないので、変な馬券は買わないようにしましょう。

では、出走を予定している登録馬たちを見ていきましょう。

出走予定・登録馬

sankeiohsakahai2016_blood3

今年はGI馬5頭+アンビシャスとタッチングスピーチという豪華メンバーになりました。

「変な馬券は買わない方がいい」と書きましたが、この7頭はいずれも実力馬なので7→6→5番人気の3連単は買っても当たるかもしれませんね(笑)。

人気はなかなか難しい。昨年の秋に活躍したラブリーデイとショウナンパンドラ、キタサンブラック+ドゥラメンテと差のない競馬をしたアンビシャスが1〜4番人気になって、ヌーヴォレコルトとタッチングスピーチが続く。中山記念で案外だったイスラボニータが7番人気に収まるのかなぁという気がしています。

どちらにしても実質7頭立てなので、取捨選択をキッチリしたいところ。

そんなわけで、現時点で穴馬候補と考えているのがこの馬です。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

このメンバーならさすがに人気落ちするはずですが、条件としてはベストに近い。実力的には十分やれるはずなので、期待してみたいところ!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!