今回は阪神大賞典2016の検証をしていきます。

阪神大賞典は阪神芝内回り3000mで行われる古馬のGIIです。過去血統のデータから、傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬の血統を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



過去5回好走馬血統

hanshindaishoten2016_blood1

去年のデニムアンドルビーには驚かされました。完全に“お客様”だと思っていたのでね。同馬は牝馬ながら宝塚記念で好走するような馬なので、相当スタミナがあったということでしょう。

とはいえ、長距離らしく、基本的には長距離血統が走るレースです。ハーツクライやダンスインザダーク、ステイゴールドをはじめ、バンデみたいな血統の馬が走るくらいですからね。

また、2010年には8歳のトウカイトリックが1着となっています。これが大きなポイントでしょうね。

トウカイトリックはスタミナ満点でしたが、明らかにスピードに欠ける馬でした。特に高齢になってからは顕著でしたよね。だからスピードが求められる中距離やダイヤモンドS、天皇賞春では凡走続きだった。

“8歳のトウカイトリックが勝てちゃうレース”

それが阪神大賞典の本質を表しているのではないかと思います。

続いて、人気馬の傾向を見ていきましょう。

過去5回人気馬血統

hanshindaishoten2016_blood2

過去5年で6番人気以下が馬券に絡んだのは2回だけ。長距離、しかもGIIということで変な穴馬が突っ込んでくることは少ないわけです。

では、出走を予定している登録馬たちを見ていきましょう。

出走予定・登録馬

hanshindaishoten2016_blood3

シュヴァルグラン、トーホウジャッカル、アドマイヤデウス、タンタアレグリアあたりが人気になりそう。カレンミロティック、カムフィー、アドマイヤフライトまでが現実的な“圏内”になってくるでしょうね。

ちなみに現時点で穴馬候補と考えているのがこの馬です。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は全くの参考外でOK。スタミナは豊富なタイプだけに、巻き返しに期待します。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!