本日の注目穴馬

本日予想したレースの中で特に注目する穴馬は以下になります。

阪神10R但馬Sの注目穴馬↓↓

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

かなりなめられた人気になっていますが、血統的な期待値は高く、展開にも恵まれる可能性あり。一発に期待します。



予想の前に……

当サイトでは独自の印や勝負度合いを用いています。未読の方は以下でご確認を。

印の意味はこちらへ

勝負度、自信度、波乱度について

阪神11R 阪神大賞典/勝負度D 自信度D 波乱度C

阪神大賞典はひたすらスタミナが求められるレースです。

阪神競馬場はただでさえ芝が重く、スタミナを求められる。しかも開催が進んだ時期に行われますからね。雨も多い時期で、馬場コンディションがいいことのほうが珍しい。今年もスタミナ比べになることが確実。

無難な予想で申し訳ないのですが、軸として堅実なのは◎シュヴァルグランでしょう。

ハーツクライ産駒は長距離が得意。スタミナ比べであれば他馬に遅れを取ることはありません。

ヴィルシーナの半弟ということで重賞で頭打ちになることはない。それは前走でも証明しています。日経新春杯は完敗でしたが、もともと相手なりの馬なのでスパっとキレる馬に差し切られると厳しい。今回は残り1000mのロングスパート合戦になる反面、上がりのスピードは求められませんから、相手なりに頑張って走ってくれるはず。勝ちきれるかどうかはさておき、3着は外さない。

問題は相手なんですが、アドマイヤデウスは前走が絶好条件だった+父ミスプロ系のスタミナ不安があって人気ほどの信頼性はなさそう。トーホウジャッカルは順調に使えなさすぎていて分からない。

タンタアレグリアは「長距離向き」みたいな評価を受けていますが、菊花賞の頃からずーーーっと言い続けていますが、血統的には中距離がベストです。阪神大賞典のようなスタミナ比べになると脆さが出ておかしくない。人気ほど強い馬でもないと思いますね。

ということで期待するのは2頭。カレンミロティックは長距離やタフな宝塚記念で好走していて条件的にはピッタリ。衰えている可能性はありますが、普通に力を出してくれれば圏内です。

そしてもう1頭は●●●●●●。とにかくスタミナが求められるレースなのでスタミナ豊富な血統をシンプルに評価しました。前走は参考外でOK。このメンバーでも割って入れる血統的な要素は十分だけに、期待します。

◎11 シュヴァルグラン
△01 カレンミロティック

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

詳細な見解や買い目、その他の予想はメルマガで!

【メルマガ】実践的血統学

「なぜその馬が買えるのか?」という疑問に徹底的に答える充実の内容を完備。競馬を深く知りたい、楽しみたい、という方はこちらまで。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!