今回は中日新聞杯2016の検証をしていきます。

中日新聞杯は中京芝2000mで行われる古馬のGIIIです。過去血統のデータから、傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬の血統を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



過去5回好走馬血統

chunichishinbunhai2016_blood1

中京といえばディープインパクト。何も考えずにディープインパクト産駒を買っていればいい

今年は3頭にディープインパクト産駒が出走してきます。しかも3頭とも人気に支持されるでしょうね。

ただ、アルバートドックは前走、かなり恵まれた内容+松博調教師の引退スペシャルだったので買いづらい。サトノノブレスとヒストリカルは高齢馬でキャリアもそこそこ積み重ねていますから、血統的な上積みがあまりない。

なので、今年はディープインパクト産駒が例年通り走るかどうかについて少し懐疑的です。違った角度からのアプローチをしていこうかな、と思っています。

続いて、人気馬の傾向を見ていきましょう。

過去5回人気馬血統

chunichishinbunhai2016_blood2

ローカルのハンデ重賞ということで波乱の可能性はそこそこ。アンコイルドやレッドレイヴン、ダノンスパシーバといった米国的な血統を持つ馬たちが人気を裏切っている点は一つのポイントとしておさえておくといいと思います。

では、出走を予定している登録馬たちを見ていきましょう。

出走予定・登録馬

chunichishinbunhai2016_blood3

前述のディープ3頭+ブライトエンブレムが人気になりそう。

ブライトエンブレムは前走、条件が合わなかったので叩いた上積みはあると思います。とはいえ、ネオユニヴァース産駒の差し馬ってそもそもの期待値が高くないですし、ローカルコース全般で走らないので全幅の信頼は置けないですね。

積極的に穴馬を探していきたいレースです。

そんなわけで、現時点で穴馬候補と考えているのがこの馬です。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は間隔が詰まった反動による負けだったと見ています。今回は間隔を開けてきたので、前走よりは走ってくるでしょうね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!