今回は小倉大賞典2016の回顧を行っていきましょう。

各馬の評価を見直し、レースを振り返ることで次走買えるのか否かが見えてきます!

回顧は「各馬が次走で買えるのか?」という予想のスタートです。しっかり振り返って行きましょう!



各馬の評価は?

戦前の評価は、メルマガで発行している予想ファイルを見ていただければ幸いです。

1着 無02 アルバートドック

最内をロスなく立ち回り、何の不利もなく1着。最高に恵まれた。松田博資調教師の引退スペシャルという側面もあったのだろう。本質的にはOP級、恵まれてGIIIで勝ち負けというタイプに見える。次走は重賞勝ち後のディープ(反動あり)、転厩といったマイナス条件が揃うだけに、基本は軽視の方向で

2着 △01 ダコール

メンバー低調+得意条件で2着。結果的に差し馬が有利な流れも含めて恵まれた。次走、条件悪化なら軽視

3着 無11 ネオリアリズム

馬体重が減り続けていたため、馬体重増はよかった。基本的に過剰人気するタイプなので買いづらい。中山重賞以外ではヒモまで。中山重賞で人気薄ならば買いたい

4着 無08 ケイティープライド

最内を回って全くロスのない競馬。最高に恵まれた。これで馬券に絡めないなら重賞だと厳しい。次走、割引

5着 ◎06 ハピネスダンサー

ディープ産駒が上位を独占するようなレースになって伸び負け。馬場が良馬場に回復したことは結果として良くなかった。また、1800mというのも微妙だったか。2000m以上のほうが期待値が高いため、距離延長で狙いたい

上位馬と本命馬の評価はこんなところですね。

なお、今回のメンバーの中で次走、好走する可能性が高い馬は、以下になります

その馬の名(G)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

評価→人気の先行馬で後ろからいき、3、4コーナーでまくった結果、差し有利の流れになって差されるという最悪の競馬だった。●●●●●●が掛かっていたレースの騎乗とは思えない酷い内容。見直し可

なお、メルマガ『実践的血統学』では全重賞を含む、全芝レースの回顧(馬別)を行っています。(↓↓サンプル↓↓)

京成杯2

このレースで6着以下だった馬や、重賞以外に出走した馬の評価が気になる方はぜひご購読を。次走の穴馬は6着以下に隠れていることが多いので、チェックしてみてくださいねー!

【メルマガ】『実践的血統学』詳細へ

2017年への教訓

・グレイソヴリンを持つ馬が今年も好走

・穴を開けるのは馬格のある距離短縮馬

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!