今回は小倉大賞典2016の検証をしていきます。

小倉芝1800mで行われる古馬のハンデGIIIです。過去血統のデータから、傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬の血統を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



過去5回好走馬血統

kokuradaishoten2016_blood1

小倉での重賞というのは何も考えずにグレイソヴリンを買っておけ!

というのが血統予想における鉄則ですね。

実にシンプル。シンプル・イズ・ザ・ベスト! 予想なんて、結局そんなものだったりします。

コスモソーンパーク 母母父トニービン
ダコール 母母父カロ(グレイソヴリン系)
ヒットザターゲット 母父タマモクロス
サンライズベガ 父母父トニービン
バトルバニヤン 父ジャングルポケット

これだけ共通しているのだから、無視しろという方が無理な話です。

どんなに予想をこねくり回しったって、こういう明らかなバイアスには逆らえない。まぁ僕はこねくり回して外す気がしていますが(笑)、純粋に血統で予想したい方はとにかくグレイソヴリンを探してみてください!

続いて、人気馬の傾向を見ていきましょう。

過去5回人気馬血統

kokuradaishoten2016_blood2

人気馬は各年1頭しか走らないという波乱必至な重賞です。

まぁローカルのハンデ重賞なのでね。荒れないほうがおかしいですよ。

凡走した理由はそれぞれなのでここで一括して挙げれないんですが、とにかく人気馬を軸にするより積極的に穴馬を狙ったほうがいいレースだということは覚えておきましょう。

では、出走を予定している登録馬たちを見ていきましょう。

出走予定・登録馬

kokuradaishoten2016_blood3

人気になりそうなのはマイネルフロスト、アルバートドック、ベルーフあたりですかね。

マイネルフロストは期待値の高いブラックタイド産駒なのと、小回りの1800mは良い条件なので買ったほうがいいんでないかと思っています。ただ、距離短縮でコケることがあるので、その点がどうか。

アルバートドックは本質的にGIII勝ち負けレベルのディープなので、条件は悪く無いでしょう。松田博資調教師の引退も絡んでいるので、変な仕上がりではないはず。

ベルーフはなかなかチグハグなキャリアを送っていますね。前走は瞬発力レースに対応できなかった。コーナー4回のローカルという条件はよさそう。ただ、ハービンジャー産駒は基本的に中距離がベストなので、1800mは短いんじゃないかという気もしています。

この辺りは次回の有力馬診断でやっていきましょう。

そんなわけで、この3頭の中で買いたいのはこの馬です。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

とりあえず、人気にならないタイプなので、最終的にはアルバートドックやベルーフに人気を譲って3番人気に落ち着くと思う。3頭の中では一番安定していて、前走は後ろから競馬をして失敗したので今回は確実に先行してくるはず。となると、信頼性は高いと言えそうです。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!