今回はシルクロードステークス2016の検証をしていきます。

前回はシルクロードSの予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



シルクロードSの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ビッグアーサー2.1
2サトノルパン5.2
3ネロ5.4
4ダンスディレクター6.0
5アースソニック7.9
6ローレルベローチェ10.9
7アクティブミノル20.3
8リトルゲルダ60.2
9ワキノブレイブ122.9
10ヒルノデイバロー122.9
11セイコーライコウ131.0
12ニンジャ132.0
13セカンドテーブル173.8
14ヤマニンプチガトー219.9
15シゲルカガ312.5
16ヤサカオディール462.7
17メイショウツガル672.3

こんな感じですね。なお、出走予定登録馬は以下のとおりです。

シルクロードS3

では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

ビッグアーサー

前走の阪神カップはタフな馬場や距離延長といった不安要素があった中で3着に粘りました。スプリント重賞なら勝つ力はある。

ただ前回の検証に書いたとおり、シルクロードSはベタなスプリント血統の期待値が低いレースです。もちろんバクシンオー産駒が好走した例はありますから無理に嫌うこともありませんが、鉄板かと言われると、そうでもない。枠順次第で重い印を打ってもいいでしょうが、まぁヒモ扱いが相場ではないでしょうか。

サトノルパン

期待値の高いサンデー系のディープインパクトを父に持っています。血統面は評価できますね。問題は前走、同じ条件で勝ち切っていること。ディープ産駒は鮮度が大事なので、一度重賞を勝つと2勝目が遠い傾向にあります。

条件替わりならまだしも、同じコースですからね。

レース傾向的に無視できないので評価しますが、ディープ産駒の傾向を信じて2、3着を想定した馬券を買う、というのも選択肢としてありだと思います。

ネロ

ここに来て本格化してきているヨハネスブルグ産駒ですが、レース傾向からするとあまり合いません。やはりヨハネスブルグは短距離種牡馬ですし、瞬発力に秀でているわけではないので、脚質的な不安がつきまといます。

また、古馬になってからのヨハネスブルグ産駒の期待値自体もあまり高くないのもネックですね。まぁ人気馬なので傾向云々ではなく力で来てしまう可能性はありますが、特別強調できる条件ではなさそうなので、扱いとしてはヒモに落ち着きそう。

ダンスディレクター

アルデバランII産駒ということで血統傾向に合っていませんね。ただし、母系がサンデーサイレンス×トニービンという配合なのと、この馬自身が32秒台の末脚を使える馬なので、差し競馬に対応できる可能性はあると思います。

まぁそこまで押したい馬というわけではありませんが、警戒しておく必要はあるでしょうね。

アースソニック

クロフネ産駒はとにかく1200mにおける期待値が高い。世間がイメージするようなダート種牡馬ではなく、スプリンターを出す種牡馬なのでね。

この馬に関しても能力上位。京都芝1200mは好走経験もありますし、適性の高さに疑いの余地はないでしょう。

ただ同じコースの重賞で走っている高齢馬を本命にするのは血統予想として微妙なので、本命にはしませんね。(とか言ってると、本命馬が走らずにこういう馬が走ったりするんですけど)

上位人気の評価はこんなところ。

なお、穴馬として面白いのはこの馬でしょう。

その馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!