今回は根岸ステークス2016の検証をしていきます。

根岸Sは東京ダート1400mで行われる古馬のGIIIです。過去血統のデータから、傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬の血統を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



過去5回好走馬血統

根岸S1

見ての通り、強調できるのはサンデーサイレンスを筆頭とする芝血統ですね。

根岸Sは東京競馬場で行われます。日本ではダートコースが芝の内側に作られるため、ほとんどが小回りコースになっています。芝の直線は長い阪神や京都、新潟にしてもダートコースは芝の内回りコースのさらに内側に作られていますから、小回りコースになるんです。

東京も芝の内側に作られている、という点では同じですが、なんといっても直線が長い。日本で唯一、直線が500mを超えるコースですからね。

直線が長いということは末脚が大事になるということ。小回りのダート競馬ならコーナーでセーフティリードを作って直線は惰性で粘り込むことができます。しかし、直線が長いとなると、そうはいかない。末脚が使えない馬は総じて馬群に沈んでいきます。

末脚が求められる条件が得意な血統といえば、なんといっても芝血統です。サンデーサイレンスやキングカメハメハといった種牡馬の血が好走馬のほとんどに入っていることを考えると、優位性は明白といえるでしょう。

過去5回人気馬血統

根岸S2

芝血統が強調できるレースということは、ダート血統が強調できないレースということになります。

事実、スマートジョーンズやワイルドラッシュといったダート血統馬は人気を裏切っていますよね? 末脚のポテンシャルが低い馬は割り引いたほうがいいわけです。

では、出走を予定している登録馬たちを見ていきましょう。

出走予定・登録馬

根岸S3

人気になりそうなモーニンやタガノトネール、アンズチャンは総じてダート血統です。どの馬も末脚はそれなりにしっかりしているものの、モーニンは武蔵野Sで1番人気を裏切っていますし、アンズチャンもユニコーンSで4着と馬券圏内に届かず。

3頭とも危険な人気馬だとか、総崩れになるとか、そこまでは思いませんが、3頭が上位を独占するというともなさそう。人気薄の台頭に期待したいレースになりそうですね。

そんなわけで、好走血統に合致しているのは以下の馬です。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

父は芝のGI馬なので、注目したいと思っています。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!