今回は根岸ステークス2016の検証をしていきます。

前回は根岸Sの予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう! 



根岸Sの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1モーニン2.4
2タガノトネール3.7
3アンズチャン5.1
4プロトコル10.3
5サクラエール11.8
6レーザーバレット12.6
7タールタン16.7
8グレープブランデー23.4
9マルカフリート34.3
10レッドファルクス59.0
11アドマイヤロイヤル87.2
12アドマイヤサガス106.3
13エイシンヴァラー139.5
14サトノタイガー223.7
15キョウエイアシュラ226.1
16ワンダーコロアール252.5
17アキトクレッセント280.0
18フィールザスマート326.6
19シゲルカガ384.6
20セカンドテーブル411.5
21シンキングマシーン442.5
22アスコットシチー484.2

こんな感じですね。なお、出走予定登録馬は以下のとおりです。

根岸S3

では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

モーニン

ヘニーヒューズはアジアエクスプレスやケイアイレオーネらを出しているダート種牡馬です。前走の武蔵野ステークスでは1番人気に支持されて3着。馬券圏内を守ったものの、人気に応えることはできませんでした。

条件戦レベルでは末脚を使えていましたが、武蔵野Sでは上がり4位以下だったように、重賞レベルになると末脚比べでは難しそう。

戦績は立派ですが、根岸Sへの適性はどうでしょうか? マイルから距離が短くなるのはいいと思いますが。

タガノトネール

最近は地方重賞で好走を続け、久々の中央となった武蔵野Sで2着に好走しました。

実力上位なので警戒する必要はありそう。ただ、この馬もミスプロ系×ミスプロ系(キングマンボ系)というダート色の濃い血統をしているので、レース傾向には合わないですね。休み明けというのもあまり合わない気がします。

アンズチャン

フレンチデピュティ産駒はあまり期待値が高くありません。しかも牝馬ということで、重賞レベルになるとなかなか難しそう

東京ダート1400mでは実績豊富ですし、脚質的にも強調できますが、重い印を打つような馬ではないですね。

プロトコル

スクリーンヒーロー産駒は芝のイメージがあるでしょうが、実はダートでの期待値が高い種牡馬なんです。僕が独自に作っている種牡馬事典では穴馬としての期待値ランクが「A+」

モーリスやゴールドアクターがそうだったように、スクリーンヒーローは古馬になってから急に成長します。この馬も本格化したのは4歳の5月以降。そこからは3勝2着1回という優秀な成績でオープン入りを果たしました。

サンデーサイレンスの血を持っていますし、スクリーンヒーロー自体が芝のGI馬ですから、レース傾向にバッチリ合致しています。勝ち負けまで期待できるでしょうね。

サクラエール

この馬も脚質的には強調できるものの、ケイムホーム産駒というのがネックですね。たぶん、重賞クラスになると末脚比べでも負けるタイプだと思うので、ヒモまでかな、と。

上位人気の評価はこんなところ。

なお、穴馬として面白そうなのはこの馬でしょう。

その馬の名(G)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

ダートで期待値の高い血統ですし、レース傾向にも合致しています。ここ最近は不振ですが、距離短縮で新境地を開拓できればいいな、と思っています。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!