今回はシルクロードステークスで強調できる脚質について書いていこう。

年が明けてAコースで行われた1回京都開催では内、先行有利の馬場が顕著だった。Bコースに変わることでどのような変化が生まれるのだろうか?

差し馬の台頭

2回開催からBコースに変わることでグリーンベルトが消滅。例年の傾向を考えると、ある程度差しが決まるようになる。

実際、シルクロードSでは上がり1位を使った馬が高い確率で勝利している。過去10年で7勝。上がり2位の馬も1勝している。

ここ2年こそ、4角6番手以内の馬で決まっているが、4角10番手以下の馬が穴を開けることも少なくない。2011年は4角10番手以下だったジョーカプチーノとアーバニティがワンツー。2009年も4角13番手のアーバンストリートが勝っている。

速い上がりを使えそうな馬を狙うことが、的中への近道となってくる。

瞬発力の血

となると、強調できるのがサンデーサイレンスの血だ。

過去10回の父サンデー系出走馬の成績を見てみると……

着別度数勝率複勝率単回値複回値
5- 3- 2-23/3315.2%30.3%87104

集計期間:2005. 2. 6 ~ 2014. 2. 2

ご覧のとおり、複勝率30%、複勝回収値100超という優れた成績を残している。

今年は有力なサンデー系が不在であるものの、気をつけておいたほうが良さそうだ。

なお、父サンデー系ではないが、サンデーの血を持つこの馬には注目しておくべきだろう。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!