今回はシンザン記念2016の検証をしていきます。

前回は予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



シンザン記念の出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1アストラエンブレム2.7
2ラルク3.3
3ピースマインド4.8
4ジュエラー5.7
5レオナルド19.0
6レインボーライン19.8
7ツーエムレジェンド21.0
8ロジクライ29.2
9ショウナンアヴィド38.1
10ノーブルマーズ43.4
11ドゥーカ79.5
12ヒルノマゼラン83.2
13シゲルノコギリザメ98.5
14キングライオン130.1
15ダンツエンペラー258.6
16クリスタルタイソン275.2
17ファインニードル330.3
18クリノシャンボール370.1
19スナークスカイ390.3
20コクスイセン550.5
21コパノリスボン564.9
22サクレメジャー596.3
23メイショウシャチ613.4

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

アストラエンブレム

【父】ダイワメジャー 【母父】ウォーエンブレム

前走のサウジアラビアロイヤルカップで3着になりました。デビュー当時から重賞級の力を見せていましたから、決してフロックではない。実力は素直に評価していいと思います。

ただし、ダイワメジャー産駒は本質的にズブいので差し馬の期待値は高くありません。特に重賞レベルだと切れる差し馬がたくさん出てきますから、高い確率で差し負けてしまう。ゲートを出れば先行して押しきれると思いますが、ゲートに不安のある上位人気馬をわざわざ評価する必要性はありませんよね。

前走は「東京マイル+少頭数」という恵まれた条件でした。多頭数の京都への条件替わりはマイナス

まぁまだ3歳のこの時期なので力だけで押し切ってしまう可能性はありますが、外枠を引いたら危ないと見ています。

ラルク

【父】ディープインパクト 【母父】Flower Alley

デビュー戦を快勝したディープインパクト産駒。鞍上武豊ということもあって人気を集めそうですね。

ディープインパクト産駒の重賞初挑戦なので、期待値は高いと思います。デビュー戦は差しに回るのではなく、逃げて楽勝という内容でした。前々で競馬を進めているのはプラス。一方、ほとんど不利がなく気持ちよく競馬ができたので、絡まれたらどうか、という不安はありますね。1戦1勝馬の重賞挑戦なので、そこまで肩入れするのは危険かと思います。

ただ、シンザン記念はディープインパクト産駒が走るレースですから、無視はできませんね。相手に買ったほうがいいでしょう。

ピースマインド

【父】ディープインパクト 【母父】トニービン

キャリア2戦で1勝2着1回。デビュー戦は負けましたが、勝った馬がリオンディーズですからね。さすがに相手が悪かった。新馬戦の内容と、同3着のアドマイヤダイオウやこの馬が未勝利で楽勝したことを考えると、実力は高く評価していいでしょう。

キャリアを積んでいる上での重賞初挑戦なので、ラルクより期待値が高いです。前に行っている点も好印象。

母父トニービンなのでマイルへの距離短縮がどうかですが、致命的なマイナス要素ではないので無難に重たい印を打ったほうがいいですね。

ジュエラー

【父】ヴィクトワールピサ 【母父】Pistolet Bleu

新種牡馬のヴィクトワールピサの産駒。どう扱うかがポイントになりそう。

ヴィクトワールピサのイメージとしては“ちょっと弱いネオユニヴァース”という解釈でいいと思います。絶対的な能力ではなく、器用さを活かしてGIを勝ったタイプ(しかも競馬場を選ぶ=中山専用)なので、種牡馬としてのポテンシャルは高くない。

ヴィクトワールピサより強いネオユニヴァースの期待値が高くないので、この馬も期待値は低いですね。しかも人気の差し馬なので、買いたい要素はありません

肌馬が重賞級のポテンシャルを持っているのでスケール感は悪くありませんが、人気になるなら嫌うでしょうね。

レオナルド

【父】アドマイヤムーン 【母父】ガリレオ

アドマイヤムーン産駒の好走条件は「急坂」、「少頭数」、「内枠」と限定されています。前走は急坂のある阪神で、13頭立ての2番枠。条件としては完璧でした。

好内容でしたが、今回は条件が悪化するので過剰な評価は禁物でしょう。

何よりアドマイヤムーン産駒は重賞で頭打ちになるケースがほとんど。活躍しているのは短距離馬くらいなので、(マイルならギリギリ許容範囲と考えることもできますが)嫌う方向性のほうがいいでしょう。

ちなみに京都外回りの重賞におけるアドマイヤムーン産駒の成績は(0−0−3−18)。外枠を引いたら消しで問題ないと思います。

上位はこんな感じです。ディープインパクト産駒2頭は極端な外枠をひかないかぎり、どちらか1頭は馬券に絡みそう。特にピースマインドは、よさ気な穴馬がいないとなったら◎を打っていいかなーと思っています。

その他の上位人気馬が微妙なので、「◎―ディープ―穴馬」のような馬券を買えば当たる気がします。◎の選定で下手を打って外しそうですが(笑)。

なお、穴馬候補の1頭になるのがこの馬でしょう。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

とにかく内枠を引いてほしい。内枠を引いてくれたら高く評価したい。調教師が微妙すぎるので本命まではどうか、といったところですが、おいしい穴馬になりそうです。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!