今回はフェアリーステークス2016の検証をしていきます。

前回は予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



フェアリーSの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1クードラパン2.8
2クィーンズベスト4.4
3リセエンヌ5.2
4アルジャンテ9.4
5コルコバード11.0
6シーブリーズラブ13.2
7アラモアナワヒネ23.6
8ダイワダッチェス26.0
9エキドナ30.8
10レッドエトワール31.7
11タガノヴィアーレ44.7
12ビービーバーレル46.9
13コパノマリーン61.0
14ルミナスティアラ62.8
15ハマヒルガオ64.2
16レッドシルヴィ64.7
17シトロン105.6
18ラブリーアモン108.9
19カジノクイーン118.7
20カトルラポール136.5
21ダイワドレッサー138.7
22ボーアムルーズ232.5
23フジマサアクトレス273.1
24ラシーム330.9
25ポロス351.1
26トウカイフィーバー366.1

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

クードラパン

【父】ダイワメジャー 【母父】Dynaformer

グランシルクの半妹。前走の阪神JFでは先行したものの、直線で失速して13着でした。それでも数少ない2勝馬というのが評価される模様。500万勝ちが同じコースのサフラン賞ですからね。

ダイワメジャー産駒は重賞で期待値が低い。しかし、ここは500万条件に毛が生えた程度のメンバーなので、格負けはしないはず。

また、今回は事実上、GIからの降級戦というのがポイント

ダイワメジャー産駒は重賞の期待値が低い分、自己条件になると人気に応える傾向にあります。

ちなみに阪神JFからのローテで言うと……

サンブルエミューズ
阪神JF8着→フェアリーS3着

エピセアローム
阪神JF8着→チューリップ賞2着

トーセンベニザクラ
阪神JF10着→フェアリーS1着

と、結構、巻き返してきているんです。なので、無難に印を打ったほうが良さそうというのが現時点での見解です。

クィーンズベスト

【父】ワークフォース 【母父】フジキセキ

新種牡馬のワークフォース産駒。どう考えればいいかというと……

ポテンシャルは高くありません。イメージとしてはハービンジャーですかね。とにかく人気馬しか走らない。人気馬はある程度、いい肌馬につけられているので、母系の血だけで走ってしまうことがあるんですが、自分より強い相手になると、全く走らなくなる。

事実、デビューから今まで6番人気以下だった馬の成績は(0−0−0−54)と恐ろしい成績をしています。

今回は人気になるのでそれなりに走るかもしれませんが、長期的に見ると絶対に嫌ったほうがいい。2000mからの距離短縮もマイナスでしょう。

リセエンヌ

【父】ディープインパクト 【母父】Monsun

期待値の高かった重賞初挑戦で5番人気4着と微妙な成績に終わりました。内容的には力負け。

ここに入れば実力上位ですが、馬体重が420キロない馬なので、根本的に期待値は低いです。(今回は休み明けなので増えてくると思いますが)

力を発揮しやすい少頭数の東京マイル戦から多頭数でごちゃつきやすい中山替わりもどうなのか。去年の血統傾向(=ディープインパクトの走る馬場)なら買わなければいけないでしょうが、重たい印を打つ要素はあまりなさそう。前走4着馬というのも、極めて妙味がない

アルジャンテ

【父】ディープインパクト 【母父】Favorite Trick

前走は東京芝1400mを大外枠から外を回って1着。競馬を見る限り、距離が伸びたほうがいいので、距離延長はプラスです。

ディープインパクト産駒の初重賞なので期待値が高い。同産駒は牝馬の方が穴馬としての期待値が高いのでいいですね。前走は前々から競馬が進めているので、脚質的な期待値も◯。

総じて割引となる要素がないので、重い印を打ちやすいですね。本命まで。

コルコバード(※除外……)

【父】ステイゴールド 【母父】エンドスウィープ

とにかく前走がハイレベルでした。掲示板に載った残り4頭のうち、3頭が次走勝ち上がり、残りの1頭も2度走って3着2回と、フロックではなかったことを証明しています。

あとデビュー戦が素晴らしかったですね。新潟とはいえ、2歳で上がり3ハロン32秒台というのは才能がないと出せません。2歳時に新潟で上がり32秒台を記録した馬たちのその後は……

ナヴィオン 上がり32.7秒
ききょうS1着
デイリー杯2歳S、シンザン記念3着

ハープスター 上がり32.5秒
桜花賞など重賞4勝

ゴットフリート 上がり32.6秒
朝日杯FS3着

アルフレード 上がり32.5秒
朝日杯FS1着、NHKマイルC2着

ジャスタウェイ 上がり32.6秒
天皇賞秋、ドバイデューティーフリー1着
※14年の世界ナンバーワンレートを獲得

シンメイフジ 上がり32.9秒
関東オークス1着

サクラメガワンダー 上がり32.9秒
宝塚記念2着
鳴尾記念連覇など重賞4勝

と、そうそうたるメンツが顔を揃えています。

新馬戦で1着だったサプルマインドは次走白菊賞で3着でしたから、コルコバードも普通に強いと思います。

ステイゴールド産駒の牝馬は3歳春のクラシックトライアルまでなら走るので、好勝負になるでしょう。内枠を引きたい。

上位人気はこんなところでしょうか。買いたい馬とそうじゃない馬がハッキリしているので、嫌う馬はバッサリ切ってしまって、穴馬も絡めて少点数で取りたいですな。

なお、穴馬候補の1頭になるのがこの馬でしょう。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

もともと期待値が高い種牡馬なので、少し注目しています。軽い馬場になったら厳しいと思うんですが、タフな馬場になってスタミナが活きる展開になれば出番はあるはず。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!