今回はシンザン記念2016の検証をしていきましょう。

新年から馬券が当たると気分がイイですね。今週は火曜日開催に加えて週末に3日間開催があっててんやわんやですが、頑張って予想していきたいと思います。

ではシンザン記念の考察、いってみましょー!



シンザン記念のポイント

シンザン記念のポイントをまとめてみました。

1.とにもかくにもディープインパクト産駒
2.ダート血統の台頭
3.生涯最後の輝きを放つ馬がいる

です。

過去5年でディープインパクト産駒は2勝、3着も1回あります。過去5年で一桁人気だったディープインパクト産駒は6頭ですから、2頭に1頭は馬券になっている計算になります。

しかもうち1頭は前走ダートで勝ち上がったクイーンズターフですから、実質3/5頭が好走していることになります。

今年の京都金杯にはディープインパクト産駒が4頭出走して1頭も馬券に絡みませんでしたが、うち3頭は外枠、残りの1頭にしても重賞では頭打ちの6歳馬でしたから、参考外でOKだと思います。

あとは生涯最初で最後の輝きを見せそうな馬を探すのが大事です。ヘミングウェイ、マイネルアトラクト、プレミアムブルー、シャイン、セレスロンディーらはシンザン記念で好走して以降、重賞で馬券に絡めませんでした。昨年のグァンチャーレ、ロードフェリーチェ、ナヴィオンにしても活躍できていません。

じゃあ、具体的に「生涯最初で最後の輝きを放ちそうな馬」ってどんな馬なのかというと……

・「絶対的内枠有利」というシチュエーションを味方にできる器用な馬
・早熟血統で現時点で完成されている馬

ですかね。3歳のこの時期はまだ完成度の差が出やすいんです。また、

・本当に強いマイラーなら朝日杯FSへ向かっている

・絶対能力で押しきれる馬が出てこない

・完成度の差や器用さが活きる

というシチュエーションも、早熟馬や器用な馬に有利に働いています。こういうタイプの馬を見つけていきたいですね。

そんなわけで、上記の条件に合致する馬といえば、この子です。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

この馬のお父さんは2歳戦における期待値が◎。3歳の早い時期であればアドバンテージがいきそう。去年も同じ●●●●●産駒が4着に来ているだけに、注目したいところです。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!