今回は朝日杯フューチュリティステークス2015の検証をしていきます。

前回は予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



朝日杯FSの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1エアスピネル1.8
2リオンディーズ5.0
3イモータル5.5
4シュウジ7.7
5ボールライトニング9.7
6シャドウアプローチ27.2
7ショウナンライズ31.2
8アドマイヤモラール48.2
9ハレルヤボーイ48.7
10タイセイサミット66.9
11ウインオスカー74.4
12ユウチェンジ105.9
13ラヴアンドポップ197.8
14キャプテンペリー206.5
15プリンシパルスター330.4
16コパノディール379.7
17スリラーインマニラ407.8
18ツーエムレジェンド493.1
19サイモンゼーレ1223.5

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

エアスピネル

2戦2勝のキングカメハメハ産駒。母エアメサイア、母母エアデジャヴーのエア一族に属する良血馬です。武豊騎手のJRA・GI完全制覇の大偉業のパートナーになりうる馬ですね。

血統面は特に言うことがありません。素直に素晴らしい血統です。

キングカメハメハ産駒は阪神外回りの重賞が得意ですし、2歳GIウィナーの父でもあります。2歳GIに縁があるタイプの血統ではないものの、エアメサイアやエアデジャヴー、近親のエアシャカールは春のクラシックで好走していますから、まぁ可もなく、不可もなく、許容範囲だろうと。

キングカメハメハにこの母系なのでGIで格負けすることもないでしょう。

嫌いたい要素を探すとするなら、過去2戦ともスムーズな競馬をできている点ですかね。新馬戦は先行有利なレースを4角2番手から押し切り、デイリー杯は道悪で馬場がフラットになった中、外枠から先行して普通に勝ちました。

果たして今回、これほどスムーズな競馬ができるのか? というのがポイントでしょう。

まぁただ能力的には普通に来ておかしくないですし、武豊騎手が勝てば競馬は盛り上がりますから、勝ってくれていいんじゃないかなーと、個人的には思っています。その場合、馬券的には全然面白くなくなりますが(苦笑)。

リオンディーズ

名牝シーザリオの仔、エピファネイアの半弟というキングカメハメハ産駒。

新馬戦は強いの一言でした。2、3着だったピースマインドとアドマイヤダイオウは次走余裕で勝ち上がっていましたから、レベルは高かったと言っていい。

ただキングカメハメハ産駒なので2000mからマイルへの距離短縮というのは気になりますね。馬自体、大きくて器用さに欠けるタイプなので、マイルに戸惑って大味な競馬になってしまう可能性はあると思います。

超良血の1戦1勝馬ということでこれだけの人気になっていますし、積極的には買いづらい。まぁただキンカメ産駒は1戦1勝馬でも重賞で格負けしないことが多いので、ポテンシャルだけで来てしまうこともあるでしょうが。(要するに扱いづらい)

イモータル

前走はサウジアラビアロイヤルカップで2着したマンハッタンカフェ産駒。直線で不利があったことを考えると勝ちに等しい2着でした。

マンハッタンカフェ産駒なので間隔が開いているのはいいと思います。ただ、基本的にマンカフェ産駒は“秀才”なので、重賞だと2〜5着ということが多い。期待値は高くありません。

この馬はマンカフェ産駒としてはスケール感が大きくて期待したくなりますよね? しかし、そう思っている人は今年の春のクラシックでルージュバックがどうだったか、思い出してみるといいと思います。

シュウジ

重賞で好走続きのキンシャサノキセキ産駒。前走はエアスピネルに大敗しましたが、マイルへ対応できることを証明した走りではありました。

もっとも、キンシャサノキセキ産駒は期待値があまり高くありません。結構、人気になるんですが、人気に忠実というか、あまり穴を開けるタイプの馬ではないので、回収値は並か標準以下。

基本的にスプリント種牡馬だと思うので、阪神外回りのマイルというのも(条件レベルではまだしも)重賞レベルだと微妙な気がしています。

ちなみにキンシャサノキセキの父フジキセキの産駒は阪神芝外回り1600mの重賞未勝利です。

ボールライトニング

先週、ダイワメジャー産駒が勝ってしまったので言いにくいんですが(苦笑)、ダイワメジャー産駒が阪神外回りの重賞で穴を開けるイメージはあまり沸かないですね。メジャーエンブレムは走りましたが、よっぽど力が抜けていないと難しい(=メジャーエンブレムは別格でしたね)。

阪神JFはキンカメやディープといった有力種牡馬の産駒が総じて微妙でしたが、今回は強そうなキンカメ産駒が2頭いますから、残りの席に座ることすら難しいのではないかと感じています。

上位人気馬の評価はこんな感じですね。エアスピネルはしょうがないかなー、という感じ。他はまぁ一長一短ですね。

なお、穴馬候補の1頭になるのがこの馬でしょう。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

血統的にはかなり面白い。父父は阪神の2歳重賞に強い種牡馬ですし、父母父は今の阪神で最も強調できる血です。母系にしても、エアスピネルが来るなら一緒に来ておかしくない血統をしていますし。

ぜひ抽選を突破して出てきて欲しいですね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!